月別アーカイブ 11月 2011

投稿者:

PLS 2012のお知らせ

PLS 2012: 7th International Conference on Partial Least Squares and Related Methods(第7回:偏最小2乗法および関連手法に関する国際会議)のお知らせです。
2012年5月19日から22日まで、米国・テキサス州・ヒューストンで、
The 7th International Conference on Partial Least Squares and Related Methods (PLS 2012) が開催されます。今回は米国での初めての開催となります。この会議のテーマは、「理論と応用フロンティアの進歩」で、理論とビジネス、工学、ライフサイエンスなどのさまざまな領域での実践的な事例を取り扱います。この会議は、世界中のPLS法の著名な専門家や実践家と会って、お互いの関心を議論する特別な機会です。4日間の会期中に、さまざまな応用領域を熟考する世界中の参加者が、PLS法の利用における彼らの最先端の理解と進歩を共有します。
主なスケジュール
大学院生のためのPLSおよび相関成分回帰に関する1日無料チュートリアル(5月19日 9:00から17:00)
オープニング・ナイト・レセプション – 5月19日 – 18:00から20:00
(Svante Woldの招待講演つき)
NASAヒューストン宇宙センターの半日見学 – 5月21日(月)(移動および入場を含む追加料金$10)
招待講演者は、George Marcoulides, Harald Martens, Jay Magidson, Michel Tenenhausら
5月20日(日)から22日(火)まで – 並行セッション
主な締切日
2ページのアブストラクト、2011年11月27日まで
アブストラクトの受領通知 – 2011年12月23日
8ページの最終論文 – 2011年2月20日
参加費用
$150 学生 (定額)
$400 教員
$700 一般
教員および一般は、2月20日までに参加申し込みをすると10%割引となります。
——————————————————————————–
詳細および参加申し込みは: http://www.plsconference.com/