A Song for Bayes

投稿者:

A Song for Bayes

ベイジアンネットワークの総本山であるデンマークのAalborg大学で「A Song for Bayes」という活動をやっています。
デンマークのテレビで放映されたコンサートの状況と関係者へのインタビューを観ることができます。
インタビューはデンマーク語でしゃっべているので、残念ながらさっぱり意味がわかりません。しかし、Googleさんの翻訳のお陰で、サイトのデンマーク語のだいたいの意味がわかります。
どうやら「ベイズに関係する数式を使って音楽を作ってみた」という感じらしいです。
楽曲の視聴は、こちらです。
Hugin Expert社が、関係するWebサイトを運営しています。いくつかベイジアンネットワークの事例アプレットがあります。
このサイトによると、音楽というのは瞬間瞬間の音のつながりであり、ベイジアンモデルはマルコフチェーンで統合できて、時間的な変化を記述できる、というようなことを述べています。(まじめな話をするなら、これを電力需要の予測や売上予測などに応用することが有望です。)このサイトも、ところどころデンマーク語で書かれており、今のところ、日本語への翻訳は未定です。

投稿者について