公的機関・国公立大学様のお見積り依頼・ご注文は直接お願いします。

投稿者:

公的機関・国公立大学様のお見積り依頼・ご注文は直接お願いします。

弊社が取り扱うViscovery, Hugin, XLSTATなどの製品は、弊社がソフトウェアを日本語化し、正規代理店として国内の販売権を有しており、弊社のみがユーザー・サポート(技術的支援)を提供しております。量販商品ではありませんので、流通業者を通しての販売はしておりません。
公的機関や国公立大学等が、特定の出入り業者を通して、このような商品を調達しようとすることは、特定の出入り業者のみを優遇する点から「公共調達の適正化」に反すると考えます。
1.これらの出入り業者は、弊社製品に関する販売権は一切有しておりません。販売権を有しない商品について、入札を行わせることは不正です。
2.公的機関がその出入り業者に対して、弊社製品の入札に参加させる場合、最終的な調達先は弊社ですので、弊社は1件の購入案件について複数の同じ見積書を作成しなければならず、事務処理コストが何倍にも膨らみます。それは、弊社の経営を圧迫します。
3.教育用ライセンスや官庁用ライセンスは、一般のライセンスよりも大幅に安価な価格設定をしており、それは弊社の利益を返上することで成り立っております。そこに無関係な(製品について何ら努力をしていない)出入り業者が優先的に介在して不正な利益を貪ることに、弊社としては承服しかねます。
4.出入り業者が地域的な商売をされている無名な商店であることも少なくありません。このような出入り業者からご注文を頂いても、弊社としては与信の評価ができませんので、取引をお断りしております。
5.「海外ソフト調達」という類のWebサイトで、無断で多数の有名ソフトの名前を掲載しているサイトが存在します。よく調べると、それぞれの製品で、他に正規代理店や日本法人があることが少なくありません。この種の業者は、いわゆるブローカー(ヤミ業者)です。このような業者を経由してご注文を頂いても取引をお断りしております。
6.都道府県によっては、特定の会社が公共調達を牛耳っているケースがあり、「うちを通さないと○○大学には販売できないよ」という場合があります。公共調達における組織的不正であり、正すべきだと考えます。
なお、民間企業や私立大学等が調達子会社を通して購入される場合は、この限りではございません。
公的機関、国公立大学等におかれましては、(弊社製品に限らず)研究用のソフトウェア製品を正規代理店から購入されますように進言申し上げます。
以上、ご理解のほど、よろしくお願い致します。

投稿者について