Viscovery 7.0.2 リリース

投稿者:

Viscovery 7.0.2 リリース

Viscovery(R) 7.0.2がリリースされました。通常ライセンスを購入されて1年以内のユーザー様、および年間メンテナンス契約をされているユーザー様にはご利用頂けます。
Viscovery SOMine 7.0.2 での改良点
Viscovery SOMine 7.0.2では、バージョン7.0.1で発見された以下のエラーを修正しています。
プロジェクト
– プロジェクト・ファイルが異なる場所にコピーされた後、auxiliaryディレクトリにもそれがコピーされていないと、多くの場合、プロジェクトのコピーが利用できなったのが、現在、より多くの場合でプロジェクトが利用できるように制限が解除されました。
– 選択されたワークフロー・ステップの上でマウスを右クリックしても、ワークフロー・ステップの選択が変化しないように修正しました。
前処理ワークフロー
データ・インポート ステップの属性タイプの定義ダイアログで、隣接しない属性列の集合が選択された場合、属性タイプの変更は選択された最初の属性と最後の属性の間のすべての属性にではなく、選択された属性のみに反映されようになりました。
データ・インポート ステップでのテキスト属性に指定できる長さが確認されるようになりました;長さゼロと100万を超える長さは認められません。とくに、長さゼロはプログラムのクラッシュまたはメモリ不足の状態を引き起こす可能性がありました。
属性の定義ステップで数値を文字列に変換するために式が使用されたとき、欠損値が正しくカウントされませんでした。現在、それらは正しくカウントされます。
属性の定義ステップで複数の数式が定義され、それらの位置が交換されて、複合選択を使用してそれらの複数を一気に削除た場合に起きるエラー・メッセージが避けられるようになりました。
– ユーザーがヒストグラムの調整ダイアログのサブ・ページの間をナビゲートされているとき、ときどきデフォルトの勾配とオフセットが表示されない問題が解決されました。
ヒストグラムの調整ステップで定義された置換が、そのステップから呼び出せる統計ウィンドウでは無視されていた問題(データがモデルの計算に使用されるときには、その置換は正しく適用されていましたが)を解決しました。
– データ・ソース内で属性が異なる順序に並べ替えられた場合、ヒストグラムの調整ステップで定義された変換が、統計ウィンドウでは間違った属性に適用されていた問題(データがモデルの計算に使用されるときには、その変換は正しく適用されていましたが)を解決しました。
チャート
– X軸上のラベルが読みやすくなるように少し離して並べられるようになりました。
– 散布図のX軸の名義属性のラベルがプロット内のポイントと位置合わせされました。
チャートのプロパティ ダイアログの範囲タブ内の境界の編集ボックスが、たくさんの0や9を引きずる数字を避けるために、より少ない小数位に丸められるようになりました。
SOMモデルの取り扱い
編集 | ラベル | フォント で最近選べれたラベル・フォントが、そのメニュー・オプションを再び開いたときに、第1選択として使用されるようになりました。フォントがセッションやSOMをまたいで記憶されます。
– マップ・ピクチャ上で示されるラベルが、左端や右端で切り捨てられることがありましたが、それが起きなくなりました。
– プロセス・モニタ(表示 | モニタ メニューから使用可能)が最後のレコードに到達したとき、モニタリングがクリアされていたのを、現在は、モニタリングは停止するものの軌跡は表示されたままになるように修正されました。

Explore and Classify モジュール

プロファイル チャート内の中間生成物の描画が消去されました。
– 分類ワークフローのアプリケーションの確認ステップで最初に選択された属性が、モデル内でマークして表示されるだけでなく、そのワークフローで使用されたモデル内のすべての属性から選択されるようになりました。
分類ワークフローでとても長い名前を持つモデルが選択されると、分類のエクスポート・ステップのダイアログの最初のページを抜けられなくなる問題が修正されました。
分類ワークフローのモデルの選択ステップでローカル回帰モデルが選択されたとき、アプリケーションがクラッシュするのを避けられるようになりました。
分類ワークフローのモデルの選択ステップで、整列つきのモデルが選択されたとき、ユーザーが異なる整列に切り替えると(このステップで生成された)最初の2つの新しい属性のカラースケール範囲が度数と量子化誤差ピクチャーから取られ、(そして、度数量子化誤差ピクチャーのカラースケール範囲がデフォルトにリセットされる)という問題がありました。現在は、度数量子化誤差ピクチャーの範囲は保持され、新しい属性はデフォルトの範囲を受け取ります。
Predict and Score モジュール
グローバル・モデルの計算ステップのダイアログで指定された信頼水準が、保持されるようになりました。
Viscovery One(2)One Engine 7.0.2 での改良点
Viscovery One(2)One Engine 7.0.2 では、バージョン7.0.1で発見された以下のエラーが修正されました。
– モデル・ファイルのファイル形式が、より徹底的にチェックされるようになりました。
– Linuxバージョンが、属性名、名義値、クラスタ名、クラスタ説明、セグメンテーション名で非ASCIIデータを含むモデル・ファイルをより良く処理できるようになりました。
– 後処理の数式が、他の後処理の数式の結果に依存(すなわち、“call”)できるようになりました。 呼び出された数式がエラーを返すとき(たとえば、ゼロ除算)、この結果は呼び出している数式で欠損値として取り扱われるべきです。そのようなケースが正しく取り扱われませんでした:全体の計算が直ちに終了し、欠損値が返されていました。現在は正しい動作が可能です。呼び出している数式が欠損値について結果をチェックして、それに従って動作するレア・ケースでは違いが生じます。クラスタの数式がAPI関数 O2O_GetNodeFormulaNumber, O2O_GetNodeFormulaString, O2O_RecallFormulaNumber, O2O_RecallFormulaStringを用いて計算されます。
– Linuxバージョンでは、ライセンス・ファイルのロケーションを環境変数ONE2ONE_REGISTRYで選択できるオプションが追加されました。

投稿者について