XLSTAT 2018.5がリリースされました

投稿者:Kunihiro TADA

XLSTAT 2018.5がリリースされました

XLSTAT バージョン 2018.5 がダウンロード可能です! 新機能は、混合データの因子分析、ELECTRE 3、Excel へのデータ・インポートなど

新機能は?

  • 混合データの因子分析: PCAmix法を用いた量的変数と質的変数からなるデータ表の探索。
  • ELECTRE 3: 意思決定によく使用されるこの多基準分析法は、解決策の集合を最良から最悪まで分類します。
  • Excelへのデータ・インポート: SPSS、Minitab、SAS およびその他のデータ形式のファイルが数クリックでExcelにインポートできるようになりました。
  • 比較プロット: 2つの標本間の差を検定するために、箱ひげ図とp値のパワーを単一のチャートで組み合わせ。
  • サーチ・ボックス: XLSTATメニュー内の手法や関数を素早く見つけることができる手軽なツール。
  • 多重コレスポンデンス分析: Burt表を入力として使用できるようになり、要因マップ上で変数のカテゴリをリンクできるようになりました。

投稿者について

Kunihiro TADA administrator

マインドウエア総研株式会社・代表取締役。テクニカル・ライター、技術翻訳家。1982年より情報通信/ニューメディア等の技術者向け先端技術セミナーの企画・運営に従事。LAN間接続(インターネットの始まり)や電子メールなど、今日のITの基礎となる技術テーマを取り扱った。1985年より大手コンサルティング会社で新製品・新事業開発のコンサルティングに従事。とくに1986年に開催したAIチップ・セミナーは、ファジィ推論チップ等の当時の最先端のAI技術を国内に紹介して、AI/ファジィ・ブームの契機となった。1990年からフリーランスのテクニカル・ライターとして、マルチメディアおよびCG関連の解説記事を執筆。1994年からは活動基盤を出版からインターネットに移して、1997年には「脱東京」を果たす。2000年にViscovery SOMineを翻訳し日本代理店となる。2003年よりXLSTAT、およびHuginの日本代理店。