XLSTATの教育機関用ライセンスでブラックフライデー&サイバーマンデー2018セールやっています

投稿者:Kunihiro TADA

XLSTATの教育機関用ライセンスでブラックフライデー&サイバーマンデー2018セールやっています

最近日本でもブラックフライデー・セールというのがお馴染みになってきました。ブラックフライデーとは、アメリカ合衆国の感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日のことで、その翌週の月曜日をサイバーマンデーというそうです。ようするに、この時期に年末セールを行うわけです。「年末セール」と言えばよさそうもので、どうやらこれもグローバリズム(その本質は世界のアメリカナイズ)の一環かという気もしなくもないのですが、まあ、あまり気に病んでもしかたないです。

で、XLSTATもアカデミック用に限り、それをやっています。「ご注文」のページからクレジット・カード決済を選択して、次のページ(そこはもはやShare-itという決済代行サービスのサイトです)で、「クーポンコードを入力してください」と書かれた下の入力フィールドで、「BLACKFRIDAY2018」と入れると代金が10%オフになります。対象となるライセンス種別は、教育機関用、クラスルーム、キャンパス・ライセンスで、期間は米国太平洋標準時(西海岸)の2018年11月26日の午後11時59分までです(日本時間では27日の午後1時59分になると思います)。

ご注意:アカデミック用ライセンスは、ac.jpドメインのメール・アドレスをご使用の方のみに提供されます。それ以外の方にはご購入頂けません。

ご注意:Share-itで決済されたご注文は、コンピュータにより厳重なセキュリティのもとで自動処理されます。ライセンスは年間契約ですが、デフォルトでは自動更新が適用されており、翌年、再び1年分の代金が請求されます。自動更新の設定は、Share-itのサイトで取り消しができるか、または、自動更新が適用される際、事前にShare-itから確認のメールが届きますので、そこでキャンセルすることもできます。自動更新のキャンセルは、必ずユーザー様ご自身で行ってください。

 

投稿者について

Kunihiro TADA administrator

マインドウエア総研株式会社・代表取締役。テクニカル・ライター、技術翻訳家。1982年より情報通信/ニューメディア等の技術者向け先端技術セミナーの企画・運営に従事。LAN間接続(インターネットの始まり)や電子メールなど、今日のITの基礎となる技術テーマを取り扱った。1985年より大手コンサルティング会社で新製品・新事業開発のコンサルティングに従事。とくに1986年に開催したAIチップ・セミナーは、ファジィ推論チップ等の当時の最先端のAI技術を国内に紹介して、AI/ファジィ・ブームの契機となった。1990年からフリーランスのテクニカル・ライターとして、マルチメディアおよびCG関連の解説記事を執筆。1994年からは活動基盤を出版からインターネットに移して、1997年には「脱東京」を果たす。2000年にViscovery SOMineを翻訳し日本代理店となる。2003年よりXLSTAT、およびHuginの日本代理店。