XLSTATが通常ライセンスの提供を再開

投稿者:Kunihiro TADA

XLSTATが通常ライセンスの提供を再開

XLSTATは終了していた通常ライセンスの提供を再開しました。

このライセンス・タイプは、perpetual licenseで日本語では「永久ライセンス」と訳されるものです。ただし、最新バージョンにアップデートするには、2年目から「アップデート・ライセンス」を購入する必要があります。アップデート・ライセンスの価格は、年間ライセンスより少し安価に設定されています。

年間ライセンスが1年ごとの契約であり、有効期限に到達するとライセンスが消滅してしまうのに対して、通常(永久)ライセンスはライセンス自体は消滅せず、XLSTATの製品版の使用を継続できます。ただし、サポート対象はあくまでも最新バージョンのみですので、旧バージョンを使用されている場合、動作に関する保証がありません。

パソコンのハードウェアやOSは日々進化していますので、アプリケーション・ソフトはそれに対応するようにプログラムをメンテナンスし続けなければなりません。XLSTATの場合、さらにMicrosoft Excelの仕様変更にも対応しなければなりません。したがって、過去のXLSTATのバージョンを最新のパソコンで使用することはお薦めできません。

パソコンの知識をお持ちのユーザー様にとっては、これらのことはほぼ常識かと思われますが、実際には驚くほど昔(たとえば5年前とか)のバージョンを使い続けるユーザー様もおられます。「永久ライセンス」と呼んでいると、「それを買うとそのソフトウェアを永久に使用できる」と誤解されることがあるので、マインドウェア総研では「通常ライセンス」と呼ぶようにしている次第です。ソフトウェアは生ものですので、永久に使用できるということはあり得ないのです。

XLSTATに限らず、ソフトウェア・ベンダーはこうしたユーザー様の誤解とどうやって折り合いをつけていくかに頭を悩ませてきたと言っても過言ではないでしょう。永久ライセンスの提供をやめて、年間ライセンスや期限付きライセンスに移行し、さらにはクラウド化によって、使った分だけ支払う従量制へと移行していくというのが、現在のソフトウェア業界の趨勢になっております。

しかし、ユーザー様の多くは、企業内の予算とか、または学術ユーザー様の場合、研究助成金等でソフトウェアを購入されるので、年間ライセンスや従量制になると、それはそれでいろいろと不都合が出てきてしまいます。単に「毎年予算を申請するのが面倒」ということもありますし、研究助成金等では「今年予算が下りても来年もそうとは限らない」という心配があります。予算は年度で切られてしまいますが、研究は何年も継続してやってこそ成果が出てくるということもありますので、研究のためのソフトウェアも継続して使用できないと困ります。

今回、XLSTATは通常ライセンスの提供を一旦は終了したのですが、世界中のユーザー様からのご要望(苦情?お叱り?)が多かったので、通常ライセンスの提供を再開することと致しました。

上記のように、最新の状態を保ちながらソフトウェアを使用して頂くには、毎年のメンテナンス契約(アップデート・ライセンスのご購入)が必要ですが、何とかユーザー様のご要望と折り合いがつくような値ごろ感で統計解析ソフトウェアを提供できるように、今後も努力して参る所存です。

 

 

 

投稿者について

Kunihiro TADA administrator

マインドウエア総研株式会社・代表取締役。テクニカル・ライター、技術翻訳家。1982年より情報通信/ニューメディア等の技術者向け先端技術セミナーの企画・運営に従事。LAN間接続(インターネットの始まり)や電子メールなど、今日のITの基礎となる技術テーマを取り扱った。1985年より大手コンサルティング会社で新製品・新事業開発のコンサルティングに従事。とくに1986年に開催したAIチップ・セミナーは、ファジィ推論チップ等の当時の最先端のAI技術を国内に紹介して、AI/ファジィ・ブームの契機となった。1990年からフリーランスのテクニカル・ライターとして、マルチメディアおよびCG関連の解説記事を執筆。1994年からは活動基盤を出版からインターネットに移して、1997年には「脱東京」を果たす。2000年にViscovery SOMineを翻訳し日本代理店となる。2003年よりXLSTAT、およびHuginの日本代理店。

コメントを投稿するにはログインしてください。