Hugin v.8.7がリリースされました

投稿者:Kunihiro TADA

Hugin v.8.7がリリースされました

2018年12月6日にHUGINソフトウェアの新バージョン (v.8.7)がリリースされました。

このリリースの主要な新機能は、ダイナミック・ベイジアンネットワーク内の連続変数のテンポラル・クローンのサポートとエビデンス・ダイアログへの決定感度のサポートです。さらに  HUGIN Decision Engine のさまざまな新機能がこのリリースで導入されました。

HUGIN Graphical User Interface v. 8.7

HUGINグラフィカル・ユーザー・インタフェースが新機能で改良されました:

  • ダイナミック・ベイジアンネットワーク (DBNs)で連続確率ノードのテンポラル・クローンを作成できるようになりました。これは、DBN が離散ノードと連続確率ノードの両方を含むことができ、さらにノードの各カテゴリのテンポラル・クローンを持てることを意味します。混合離散および連続テンポラル・クローンの場合、モデルのコンパイルに制限があります。
  • HUGIN Graphical User Interfaceが、エビデンス・ダイアログの決定感度で拡張されました。このダイアログは、ユーザーが決定ノードの最大期待効用での確率ノードの観察値の変化の影響度を調査することを可能にします。これは、意思決定に先立って最も重要もなオブザベーションと、最も重要でないオブザベーションを識別するために便利です。
  • HUGIN Graphical User Interface のプリファレンス・パネルで、固定フォント・サイズの使用を非選択にすることができるようになりました。これは高解像度の小さな画面で HUGIN Graphical User Interfaceを実行するのに便利です。
  • ズームにマウス・ホィールを使用することがサポートされました。
  • 矛盾分析ダイアログで、部分矛盾分析を実行するときに計算コストを削減するために、エビデンスの最大部分集合サイズを指定できるようになりました。
  • 矛盾分析ダイアログで、各個体の所見の矛盾への寄与度を調査できるようになりました。

また、HUGIN Graphical User Interfaceのパフォーマンス向上のための作業がなされました。

HUGIN Decision Engine v. 8.7

HUGIN Decision Engineは、下記の機能で拡張されました:

  • HUGIN Decision Engineは、データから制限付きベイジアンネットワークの構造を学習する3つの新手法をサポートしました。これらのアルゴリズムは、データからRebane-Pearl polytree、 Tree-Augmented Naive Bayes Model、Chow-Liu treeの構造を学習することができます。
  • Pythonプログラミング言語用のDecision Engine のアプリケーション・プログラミング・インタフェースが、浮動小数点計算の倍精度を使用できるように更新されました。
  • 最適三角化のアルゴリズムの実行時パフォーマンスが改善されました。

投稿者について

Kunihiro TADA administrator

マインドウエア総研株式会社・代表取締役。テクニカル・ライター、技術翻訳家。1982年より情報通信/ニューメディア等の技術者向け先端技術セミナーの企画・運営に従事。LAN間接続(インターネットの始まり)や電子メールなど、今日のITの基礎となる技術テーマを取り扱った。1985年より大手コンサルティング会社で新製品・新事業開発のコンサルティングに従事。とくに1986年に開催したAIチップ・セミナーは、ファジィ推論チップ等の当時の最先端のAI技術を国内に紹介して、AI/ファジィ・ブームの契機となった。1990年からフリーランスのテクニカル・ライターとして、マルチメディアおよびCG関連の解説記事を執筆。1994年からは活動基盤を出版からインターネットに移して、1997年には「脱東京」を果たす。2000年にViscovery SOMineを翻訳し日本代理店となる。2003年よりXLSTAT、およびHuginの日本代理店。

コメントを投稿するにはログインしてください。