XLSTAT 2019.4.1がリリースされました。

投稿者:Kunihiro TADA

XLSTAT 2019.4.1がリリースされました。

XLSTAT version 2019.4.1

2019年11月25日

 

最新バージョンXLSTAT 2019.4.1 が利用可能です! 新機能は?

事後手順が続くFriedman 検定の実行の後、ペアワイズ差を可視化するには、臨界差プロットとも呼ばれるDemšar グラフを使用します。この機能は、XLSTAT のデータ可視化メニューの下にあります。

 

文書分類や言語横断情報検索でしばしば使用されるこのテキスト・マイニング・ツールは、大量の文書からの用語の隠れた意味を発見することを助けます。LSA は、XLSTATの 特徴抽出で生成できる文書-検索語行列を入力データとして使用します。この機能は、XLSTATのテキスト・マイニング・メニューの下にあります。

 

顧客のライフ・サイクルを理解し、高い離反リスクの期間を識別し、延長された期間で顧客から得られる利益を推定します。ここで、伝統的な CLV モデルと比較して、リテンション・レートが時間とともに変化し、キャッシュ・フローはキャンセルの時間に依存します。XLSTATのマーケティング・ツール・メニューの下にあります。

 

タグチ・メソッドは、工程を最適化したり、製品の品質を改善したりするための人気のエンジニアリング手法です。これは完全および一部実施要因計画の改良版を提供します。XLSTATは、3パラメータの調査を提供します: 信号対ノイズ(SN)比、測定された特性の平均および標準偏差。

 

官能識別試験(3点試験法、4点試験法など)の計画を生成するために使用されるアルゴリズムが、改訂され改良されました。最適は計画が実現できるようになりました。

投稿者について

Kunihiro TADA administrator

マインドウエア総研株式会社・代表取締役。テクニカル・ライター、技術翻訳家。1982年より情報通信/ニューメディア等の技術者向け先端技術セミナーの企画・運営に従事。LAN間接続(インターネットの始まり)や電子メールなど、今日のITの基礎となる技術テーマを取り扱った。1985年より大手コンサルティング会社で新製品・新事業開発のコンサルティングに従事。とくに1986年に開催したAIチップ・セミナーは、ファジィ推論チップ等の当時の最先端のAI技術を国内に紹介して、AI/ファジィ・ブームの契機となった。1990年からフリーランスのテクニカル・ライターとして、マルチメディアおよびCG関連の解説記事を執筆。1994年からは活動基盤を出版からインターネットに移して、1997年には「脱東京」を果たす。2000年にViscovery SOMineを翻訳し日本代理店となる。2003年よりXLSTAT、およびHuginの日本代理店。

コメントを投稿するにはログインしてください。