日別アーカイブ 2020年5月21日

投稿者:Kunihiro TADA

Max-Diff分析 -コンジョイント分析の簡易バージョン

前の投稿で、世間で広く流布されている「数量化I類でコンジョイント分析というのは、あまり信頼性の高い結果が得られない」ということを述べました。コンジョイント分析の難しさは、調査の実施の部分であって、分析手法のレベルを落として、それに調査の内容を合わせるのは本末転倒です。MONANOVAなどの手法は高度ではありますが、その計算はソフトウェアが実行するのですから、より高度な手法を使わないのは損でしかありません。

もし、コスト的な理由などから「コンジョイント分析的な調査分析をより簡単に行いたい」ということでしたら、Max-Diff分析をお勧めします。

Max-Diff分析は、基本のコンジョイント分析や選択型コンジョイント分析と似ているのですが、コンジョイント分析および選択型コンジョイント分析では、複数の特性(因子)で記述された製品を順位づけしたり、最も好ましい製品を選ぶのに対して、Max-Diff分析は、多数の特性の中から、実験計画法に基づいて、3つとか4つの特性の組み合わせを提示して、最も重要な特性最も重要でない特性を回答者に選んで貰います。

Max-Diff分析により、企業は製品のどの特性に力を入れるべきかがわかります。

EXCELでのMAX-DIFF分析チュートリアル