XLSTAT 2020.3リリース

投稿者:Kunihiro TADA

XLSTAT 2020.3リリース

XLSTAT 2020.3 が利用可能になりました! 新機能は?

この一般的な意思決定ツールは、非循環有向グラフによって変数間の因果関係を明らかにできる確率的グラフィカル・モデルです。

ベイジアン・ネットワークは、次のような広い範囲のアプリケーションを提供します; 金融不正分析、医療診断、市場調査および消費行動の研究。

ベイジアン・ネットワーク・メニューの下からこの新しい機能にアクセスできます。

異なるグループでの数値変数の時間的推移をプロットするには、この動的な可視化ツールを使用します。再生および逆再生ボタンでアニメーションを前に進めたり戻したり、一時停止ボタンで 停止させたり、アニメーションのスピードを調整することもできます。

データ可視化 メニュー.の下からこの機能にアクセスできます。

単一モデルの適合に加えて、次のことが可能になりました:

単一の実行で複数モデルを適合して表示、または複数モデルを適合して(AICに基づく)

最良モデルの結果のみを表示。非線形回帰機能の関数タブの下でお好みのオプションを選んでください。

データ・モデリング・メニューの下からこの機能にアクセスできます。 

量的変数で3つの新しいグラフィカル・オプションが利用可能になりました: エラーバーつきの平均チャート、ユーザー定義グループ化箱ひげ図、および降順で箱ひげ図を平均による並べ替え 。

データ記述 ニューの下からこの機能にアクセスできます。

3個の質的変数の分割表(3元クロス表)を作成し、各グループでカイ2乗検定を実行するには、グループ変数(レイヤ)を使用します。

ペアワイズ削除 オプションが、欠損値の取り扱いに追加されました。

グループ化 および 積み上げ棒グラフが2個の新しいグラフです。

データ準備メニューの下からこの機能にアクセスできます。

 

 

 

XLSTAT メニューの下のXLSTAT-オプション・ダイアログ・ボックスでMac 互換または共有可能チャート・オプションを有効にすると、XLSTAT がインストールされていないMacや他のコンピュータでチャートを簡単に表示できるようになりました。

一部の XLSTAT手順は分析の起動後に非表示シートを生成します。XLSTATは、これらのシートがもう使用されなくなると、自動でそれらを削除できるようになりました。このオプションにアクセスするには、XLSTAT-オプション・ダイアログ・ボックスで非表示シートが使用されなくなると削除オプションを有効にするだけです。

 

XLSTAT 2020.3の取得方法は?

バージョン2020.3 は、上記の改良、高度なオプションおよびソフトウェアの性能向上のすべてへのアクセスを提供します。すべてのユーザーに新バージョンのインストールが推奨されます。

現在トライアル・バージョンを使用しているか、有効なライセンスをお持ちであれば、バージョン2020.3 を無償でダウンロードできます:

無償アップグレードおよびメンテナンスへのアクセス権のない永続ライセンスをお持ちの場合は、MyXLSTAT ポータルからアップグレードをご注文頂くか、より詳細について弊社にお問い合わせください。

投稿者について

Kunihiro TADA administrator

マインドウエア総研株式会社・代表取締役。テクニカル・ライター、技術翻訳家、技術評論家。1982年より理工学出版社で情報通信/ニューメディア等の技術者向け先端技術セミナーの企画・運営に従事。LANをはじめ今日のITの基礎となる技術テーマの多くを取り扱った。1985年より大手コンサルティング会社で、先端技術分野の技術動向分析業務に従事。1986年に開催したAIチップ・セミナーは、ファジィ推論チップ等の当時の最先端のAI技術を国内に紹介して、国内のファジィ・ブームのトリガーとなった。1990年から技術評論家として、マルチメディアおよびCG関連の解説記事を執筆。1994年からはインターネットに活動基盤を移し、海外とのビジネスを開始。2000年よりViscovery、2003年よりXLSTAT、およびHuginのパートナーとなる。現在は東京を離れ、岡山に拠点を置いている。かつては産業界のブームを次々とビジネスのネタにしたが、現在はソフトウェアのライセンス販売に注力して、スローライフを決め込んでいる。                               これまでの経験から痛感することは、「人間のやることは、よくて3割程度しか当らない。ブームに寄り集まる人々はほぼ間違いなく成功しない。ビジョンがないからだ。彼らを相手に商売をすると、一時的に成功したかに見えるときもあるが、気づかないうちに自分も同類になっているだろう。流行を追ってはならない。他人がやらないことをやれ。腹の底から『本物だ』と思えることに専念するのが本望だ」