官能データ分析手法を概観するチュートリアル

投稿者:Kunihiro TADA

官能データ分析手法を概観するチュートリアル

XLSTAT-Sensoryは、いまや官能データ分析で押しも押されぬポジションを獲得しているとも言えるほど、官能データ分析の多彩な機能を搭載しております。また官能データ分析専用の機能がたくさんあるだけでなく、主成分分析や多次元尺度法、分散分析(ANOVA)などの通常の統計解析手法の中にも、官能データ分析で使用すると便利な手法があります。

そこで、どのような場面で、どの手法を使えばよいのかを全体的に概観するチュートリアルを作成しました。

適切な官能データ分析ツールを選択すること

これを読めば官能データ分析の全体像を素早く把握でき、効率的に研究の計画を立てることに役立つかと思います。ぜひご利用ください。

 

投稿者について

Kunihiro TADA administrator

マインドウエア総研株式会社・代表取締役。テクニカル・ライター、技術翻訳家、技術評論家。1982年より理工学出版社で情報通信/ニューメディア等の技術者向け先端技術セミナーの企画・運営に従事。LANをはじめ今日のITの基礎となる技術テーマの多くを取り扱った。1985年より大手コンサルティング会社で、先端技術分野の技術動向分析業務に従事。1986年に開催したAIチップ・セミナーは、ファジィ推論チップ等の当時の最先端のAI技術を国内に紹介して、国内のファジィ・ブームのトリガーとなった。1990年から技術評論家として、マルチメディアおよびCG関連の解説記事を執筆。1994年からはインターネットに活動基盤を移し、海外とのビジネスを開始。2000年よりViscovery、2003年よりXLSTAT、およびHuginのパートナーとなる。現在は東京を離れ、岡山に拠点を置いている。かつては産業界のブームを次々とビジネスのネタにしたが、現在はソフトウェアのライセンス販売に注力して、スローライフを決め込んでいる。                               これまでの経験から痛感することは、「人間のやることは、よくて3割程度しか当らない。ブームに寄り集まる人々はほぼ間違いなく成功しない。ビジョンがないからだ。彼らを相手に商売をすると、一時的に成功したかに見えるときもあるが、気づかないうちに自分も同類になっているだろう。流行を追ってはならない。他人がやらないことをやれ。腹の底から『本物だ』と思えることに専念するのが本望だ」

コメントを投稿するにはログインしてください。