第3次AIブームがついに終了!

投稿者:Kunihiro TADA

第3次AIブームがついに終了!

だそうです。やれやれお疲れ様でした。善良な社会人の皆様は、速やかに各自の持ち場に戻って、しっかりと働きましょう。

帰る所のある人はまあよいのですが、帰る所がない人がこれからたいへんです。そう、若い”データサイエンティスト”の皆様です。皆さんは、キャリア・プランニングを一からやり直す必要があります。

テクニカルな面で言えば、真っ当なプログラミングか、あるいはちゃんとした統計解析を勉強する必要があるでしょう。データサイエンスでは、どちらも中途半端なままスポイルされてきた要素です。しかし、それもけっこう茨の道です。これらの技能を身につけたとしても、これから職にありつけるかどうかは不確定だからです。なぜならIT産業はすでにGAFAなどに寡占されてビジネス・チャンスがなくなっていて、斜陽化が始まっているからです。

統計解析は、業種に限らず、これからの企業の意思決定においてますます重要になってくるのですが、これもあまり楽観的な未来が描けそうにありません。なぜなら、統計解析を習得したとして、組織内でそれを活かしてバリバリ仕事ができるかというと、残念ながら日本の組織では、その環境がまだ整っていないのです。データサイエンティストの皆さんは、これまでじつに貴重な経験をされたことでしょう。すなわち、まわりの大人たちに情報収集・分析能力が欠如していて、彼らがいい加減な風評を頼りにビジネスの意思決定をしていることを目の当たりにしてきたことでしょう。

そうです。これこそが根本問題なのです。大東亜戦争や80年代バブルとその崩壊後の対応などを見ても、日本の組織の情報収集・分析能力の低さは致命的なのです。60年代70年代の高度成長期は奇跡的な大発展を遂げたのですが、それは日本の政府や大企業が意図的な戦略を持ってそれを実現したわけではなく、たまたまそのときの国際情勢(米ソ冷戦)がそれを許していただけなのです。もうあのような幸運は二度と訪れないでしょう。この先、我々日本人が科学的に戦略的意思決定を行う方法を確立していかない限り、アジア諸国の台頭の中で日本の存在感は限りなく縮小していく運命にあります。

今後、我々が生き残っていくために、我々は、日本の企業や行政組織に、科学的な意思決定の方法を根付かせる”戦い”に挑まなくてはなりません。私が20年前にKohonenの自己組織化マップ(SOM)を始めた動機は、これを戦略的意思決定ツールとして普及させようと考えたからです。私は、20年間、孤軍奮闘で戦って来ました。

第3次AIブームを経て、私の問題意識に共感できる人材が育ってきているとしたら、ブームもまんざら無駄にはならなかったと言えるかもしれません。ブームに翻弄されてきたデータサイエンティストの皆さんは、ぜひ直観力をフルに働かせて、また情報をよく分析して、未来の可能性、自己の身の振り方を見つけてください。

 

 

投稿者について

Kunihiro TADA administrator

マインドウエア総研株式会社・代表取締役。テクニカル・ライター、技術翻訳家、技術評論家。1982年より理工学出版社で情報通信/ニューメディア等の技術者向け先端技術セミナーの企画・運営に従事。LANをはじめ今日のITの基礎となる技術テーマの多くを取り扱った。1985年より大手コンサルティング会社で、先端技術分野の技術動向分析業務に従事。1986年に開催したAIチップ・セミナーは、ファジィ推論チップ等の当時の最先端のAI技術を国内に紹介して、国内のファジィ・ブームのトリガーとなった。1990年から技術評論家として、マルチメディアおよびCG関連の解説記事を執筆。1994年からはインターネットに活動基盤を移し、海外とのビジネスを開始。2000年よりViscovery、2003年よりXLSTAT、およびHuginのパートナーとなる。現在は東京を離れ、岡山に拠点を置いている。かつては産業界のブームを次々とビジネスのネタにしたが、現在はソフトウェアのライセンス販売に注力して、スローライフを決め込んでいる。                               これまでの経験から痛感することは、「人間のやることは、よくて3割程度しか当らない。ブームに寄り集まる人々はほぼ間違いなく成功しない。ビジョンがないからだ。彼らを相手に商売をすると、一時的に成功したかに見えるときもあるが、気づかないうちに自分も同類になっているだろう。流行を追ってはならない。他人がやらないことをやれ。腹の底から『本物だ』と思えることに専念するのが本望だ」