投稿者アーカイブ Kunihiro TADA

投稿者:Kunihiro TADA

Hugin 8.5 リリース

本日、HUGINソフトウェアの新バージョン (v. 8.5)がリリースされました。
このリリースの主要な新機能は、特殊例としてのダイナミック・ベイジアンネットワークを含むオブジェクト指向ベイジアンネットワークでのクラス・パラメータの適応のサポートです。HUGINは、分割(フラクショナル)更新またはオンライン期待値最大化(EM)のいずれかを用いたネットワーク・クラスでのパラメータ適応をサポートしました。以前は、オブジェクト指向ベイジアンネットワークの場合のパラメータ適応は、ランタイム・インスタンスの表内で実行されていました。現在は、適応がネットワーク・クラス・テーブルで実行されます。さらに、Pythonプログラミング言語用の新しい HUGIN Decision Engine アプリケーション・プログラミング・インタフェースがこのリリースで導入されました。
HUGIN Graphical User Interface v. 8.5
HUGIN Graphical User Interface が、下記のさまざまな機能で改良されました:
– データ・フレーム・ウィンドウ内での機能サポートを含む、分割更新またはオンランEMのいずれかを用いたネットワーク・クラス内でのパラメータ適応。
– 学習ウィザードおよび構造学習ウィザードで、greedy search-and-score 構造学習アルゴリズムを事項するに先立って、グラフの初期構造を指定することができるようになりました。
– 新しい距離分析ダイアログが導入されました。これは、同じノードの集合での2種類のモデルで定義された(条件付き)確率表の間の距離を計算するためのツールです。このツールは、2つのモデルの確率分布の間の距離の測度として、Hellinger距離と重み付きHellinger距離をサポートします。
– 学習ウィザードと構造学習ウィザードTの特徴選択機能が導入されました。
– 数値ノードからステート・ラベルのないすべての数値ノードに、ステート・ラベルをコピーできるようになりましまた。
– その他のマイナーな改良。
その他、HUGIN Graphical User Interfaceの性能を向上するための作業が行われました。
HUGIN Decision Engine v. 8.5
HUGIN Decision Engineが以下の機能で拡張されました:
– HUGIN Decision Engineが特殊例としてのダイナミック・ベイジアンネットワークを含むオブジェクト指向ベイジアンネットワークのパラメータ適応で2つの新しい手法をサポートしました。
– Pythonプログラミング言語用の新しいHUGIN Decision Engine アプリケーション・プログラミング・インタフェース。
– Visual Studio 2017のサポート

投稿者:Kunihiro TADA

公的研究機関および国公立大学のお客様へのお願い

研究者の皆様がソフトウェアを調達する場合、ご自身の研究におけるデータ分析の内容に応じて、どのような分析手法が必要であるか判断され、またご自身のデータ分析やコンピュータに関する知識やスキルに照らし合わせて、最適なソフトウェア製品を探して選択されているかと存じます。
研究者の皆様が時間と手間をかけてソフトウェア製品を選択されて、いざ調達部門に調達の請求を行ったところ、「その製品は調達できないから他の製品を検討するように」との回答を受け取られることはないでしょうか?
もし、そのようなことがあった場合は、そこで諦めてしまわずに、ぜひ発売元の会社にご相談ください。(XLSTAT, Viscovery, Huginについてはマインドウェア総研へ)発売元から調達担当者様に連絡を取ります。
なぜわざわざこのようなお願いをするかと言いますと、公的機関の調達が現在とても混乱した状態にあるように見受けられるからです。
ご承知のように2012年(民主党政権下)に、防衛省と三菱電機の不正が発覚し、一旦、「公共調達の適正化」への機運が高まりました。しかしながら、そこで1つ対応に誤りがありました。つまり、「随意契約が不正の原因」という間違った判断のもとに、狂気のごとく入札や相見積の義務化が強化されました。本当は、その前に「特定の仲介業者とばかりの」がつけられるべきだったのです。
当時、弊社も官庁や国公立大学向けの販売で、商品を1つ販売するごとに複数の出入り業さんに見積書を書かされて大変な思いをしました。もちろん、出入り業者さんもご苦労されたと思います。わずかの金額の調達にも、何社もの会社の、何人もの人々が右往左往しなければならないという異常な事態でした。
実際そんなことは続けられないので、しばらくして随意契約が再び緩和される方向になってきました。政権が民主党から再び自民党に変わったことも、これと無関係ではないかもしれません。
弊社では総務省に相談をして、総務省が出したガイドラインでは、国内に販売者が1社のみで、またその技術サービス等をその会社が提供している場合は、その会社から直接購入することができる、という特記事項があることを知りました。それ以来、弊社はすべての公的機関に対して、弊社の製品を直接販売のみで提供しております。
これでしばらくは上手く行っていたのですが、ここ数年(安倍政権になってから)、また流れが変わってきたように感じています。有り体に言えば、その昔に完全に戻ってしまったような状況です。つまり、公的機関の調達担当者と特定の出入り業者だけで随意契約をし放題というモラル崩壊の状態です。もちろん、それは一部の機関、一部の調達担当者だけのことではあります。
本来であれば直接販売の商品に関しては、その発売元に直接問い合わせをするべきなのですが、一部の調達担当者様は馴染みの出入り業者に一括して調達を依頼する傾向が強まっています。
発売元にとってみれば、これまでどの機関とも直接の取引ができてきたのに、ここにきて出入り業者を間に挟まないと、公的機関に製品を提供できないというのは、どうもあまりにも理不尽なことです。
ソフトウエア製品をエンドユーザー様に選んでいただくに至るまでに、我々発売元はそれなりの経費と時間をかけております。製品自体を開発したり、あるいは開発元が海外の場合は、日本語のユーザー・インタフェースやマニュアルを制作したりするのはもちろんのことで、さらに、
– ウェブサイトで統計解析に関する情報、ソフトウェア製品に関する情報を提供
– Google AdWords等に広告費を支払ってウェブサイトに見込み客を誘導
– ソフトウェア製品のトライアル期間を設けて無償で提供
– トライアル・ユーザーの質問への回答、ユーザー・サポートの提供
などを行っています。それなのに、公的機関の調達担当者に呼び出されて調達を依頼されてきただけの出入り業者さんに、我々が投資したり働いたりした分の利益を横取りされるのではたまったものではありません。以前は出入り業者同士の相見積で競合していたので、出入り業者さんもそれほど強気ではなかったのですが、現在は堂々と随意契約しているので、自分たちが特権階級であるかのような横暴ぶりです。
そのような出入り業者さんからのお問合せに、「直接販売ですので直接お問合せくださるように」と回答すると「それなら(うちが販売可能な)他の製品を購入するようにお勧めするから」と言われてしまう始末です。
現在、公共調達がとてもいびつな状態に陥っています。調達担当者の一存で、特定の民間企業に不当な競争優位性を与えることは、明らかな職権濫用です。各政治団体、市民団体には、大規模な不正ばかりではなく、日常的に行われている公共調達での慣習の不透明性にもぜひメスを入れて頂きたく存じます。
そもそも「出入り業者」という言葉があって、特定の会社だけが官庁への出入りを許されて、日常的に優位な取引が行われること自体をなくさなければなりません。インターネットの時代にそんな商取引は必要ありません。
エンド・ユーザー様におかれましては、組織内部の慣習に流されることなく、研究に必要なソフトウェアであれば、ぜひ堂々とその調達をご請求頂けますようお願い致します.

投稿者:Kunihiro TADA

XLSTATのクラウド化

最近、「パソコンにOffice 2016がインストールされているはずなのにXLSTATがインストールできない」とのお問い合わせを多く受けるようになりました。
ひょっとして多くの人が勘違いしているかもしれませんので緊急連絡です。

現行のXLSTATはパソコン内にExcelがインストールされていないとインストールできません。
もしお使いのOfficeがクラウド・サービスですと、従来のOffice製品とまったく同じものがパソコンにインストールされるわけではありませんのでご注意ください。Office製品そのものはインターネットの向こう側のデータセンターにあって、それを使用しているわけです。
わかりにくくなっている原因は、クラウド・サービスであっても「最大○台までインストール可能」というように「インストール」という言葉を使用して宣伝しているので、ユーザーが勘違いしてしまうようです。クラウド・サービスでソフトウェアを利用している場合は、そのクラウド・サービスで提供している範囲でしかアドインの拡張はできませんのでご注意ください。
近年、企業様でもクラウド・サービスを利用されるケースが増加しております。XLSTATでも今後、クラウド・サービスに対応することになると思いますが、今しばらくお待ち頂かなければなりません。よろしくお願い致します。

投稿者:Kunihiro TADA

立春


Addinsoftの仲間たちから心温まるメッセージとチョコレートを頂きました。彼らとは、毎日インターネット越しに一緒に働いています。

投稿者:Kunihiro TADA

Viscovery SOMine 7.1 準備中

Viscovery SOMine 7のアップデート・バージョンの準備をしているところです。今回は、主に操作性を向上させるための非常に細かな修正がざっと60項目以上加えられる予定です。配布できるのは春頃になると思われますが、メンテナンス契約をされているユーザー様には追ってお知らせします。

投稿者:Kunihiro TADA

新年度に向けてのXLSTATキャンパス・ライセンスのお見積り絶賛受付中!!

4月からの新年度に向けて、XLSTATキャンパス・ライセンスのお見積りを受け付けております。
XLSTAT Campusは、大学などの教育機関の備品としてXLSTATを導入して頂くための特別なご優待プランです。
XLSTATは、他社の高額な学術用統計解析ソフトと遜色のない高度な統計解析機能を破格の安さで提供しており、世界の有名大学でも熱烈なご支持を頂いております。すでに多くの大学で、個人単位はもちろん、キャンパス単位で導入されており、年々ますますのその数は増えております。
その理由は、キャンパス(または教室)でXLSTATを導入されると、研究者が個人ごとにXLSTATを購入されるよりも圧倒的に安価であり、有利な活用が可能になるからです。
たとえば、XLSTAT-Premiumの教育用年間ライセンスは、1ユーザー68,900円(税別)で、10ユーザーの場合、年間337,200円(税別)です。これに対し、XLSTAT Classroomでは、XLSTAT-Premiumの全機能を年間357,000円(税別)で59名までのユーザー様にご使用頂けます。さらにCampusライセンスでは、年間571,000円(税別)で499名まで、年間714,000円(税別)で500名以上のユーザー様にXLSTAT-Premiumをお使い頂けます。もちろん、より安価な他のソリューションをお選び頂くことも可能です。
大学の備品として導入される場合、年度が切り替わるタイミングで使用を開始されるのが好都合かと思われます。したがって、4月以降の新年度から使用を開始される準備として、今から手続きを進められることをお薦めします。予算の執行に合せて、4月以降にご注文を頂いて結構ですし、今年度の余った予算で購入することが可能であれば、3月までにご注文を頂いても結構です。それぞれの規定に従ってご判断ください。
お見積りのご依頼は、ウェブサイトから可能です。

投稿者:Kunihiro TADA

Viscoveryオリジナル切手


年の暮れも押し迫って来ました。Viscovery社から届いたクリスマスカードに貼られていた切手はオリジナル切手でした。Viscoveryユーザーには一目でわかるViscoveryマップのデザインです。
オリジナル切手作成サービスは、日本郵便でもやっていますね。切手の額面よりも3割増しぐらいの料金でできるようです。宣伝用グッズとしては結構お手軽です。機会があれば利用してみようと思いました。
年内は12月28日までは出社する予定です。1月10日から通常営業を開始します。

投稿者:Kunihiro TADA

XLSTAT version 2016.7 リリース

XLSTAT version 2016.7がリリースされました。新機能は下記のとおりです:
2標本のt検定およびz検定: 非正規データで信頼できるモンテカルロ近似p値を計算できます。 すべての XLSTATソリューションで利用可能。
MaxDiff分析: XLSTATで生成された計画からデータを自動で読み込むことが可能になりました。 XLSTAT-MarketingおよびXLSTAT-Premiumで利用可能。
官能識別試験法: 新しい3種類の信頼区間が追加されました。XLSTAT-SensoryXLSTAT-MarketingXLSTAT-Premiumで利用可能。
パネル分析: セッションがなく反復がある場合でも、各審査員での製品間の最大範囲の表が提供されるようになりました。XLSTAT-SensoryXLSTAT-MarketingXLSTAT-Premium.で利用可能。
分布の適合: より高速な最大尤度推定および、すべての分布で利用可能になりました。 信頼区間がパラメータ推定に追加されました。すべての XLSTATソリューションで利用可能。

投稿者:Kunihiro TADA

教室・研究室でXLSTAT使い放題プラン

XLSTATはユーザー数60名までで使い放題となる教育機関用の新しいライセンス「XLSTAT-Classroom」の提供を開始しました。
XLSTAT-Classroomは年間利用で、XLSTAT-Baseが185,000円、XLSTAT-Premiumが357,000円(税別)となります。教室で統計解析の授業を行う目的でご使用頂けるのはもちろん、研究室のメンバー全員に統計解析ソフトを行き渡らせるという目的でもご使用頂けます。
従来のXLSTATの教育機関用ライセンスでも、すでに一般価格よりも50%から70%程度の低価格設定となっていて、1ライセンス契約あたりのユーザー数を多く設定するほど、さらに割引が適用される設定となっておりますが、XLSTAT-Classroomは1人当たりのコストがそれよりもさらに割安の設定となっております。
XLSTAT-Classroomは、フル活用の場合、XLSTAT-Base(Classroom)が1人あたり年間約3,000円、XLSTAT-Premium(classroom)が1人あたり年間約6,000円で使用できる計算となります。
XLSTAT-Classroomは、最大60名までで人数に関係なく一定額ですので、人数が少ないからと言って安くなるわけではありませんが、通常のボリューム・ライセンスと比較して、Baseで35名、Premiumで11名からXLSTAT-Classroomの方がお得となります。
XLSTAT-ExtStudent(143,000円税別)というオプションを付けると、教室内のパソコンでXLSTATを使用できるだけでなく、学生1人ひとりが各自のノートパソコン等にXLSTATを入れることができます。すなわち、持ち帰ってレポートや論文を書くためにXLSTATを使用することができます。
XLSTATはMicrosoft Excel上で学術用レベルの統計解析を可能にしますので、プログラミングはもちろん、ソフトの操作を一から覚えるという必要がなく、ユーザーは統計解析の中身だけに集中することができることから、統計教育のツールとしてもたいへん効率を上げることができます。
すでに複数ユーザー分のXLSTATライセンスをご利用頂いている先生方には、XLSTAT-Classroomをご検討頂く価値があるものと確信致します。