カテゴリーアーカイブ 未分類

投稿者:

Hugin 8.2 日本語GUIファイル

先日リリースされたHugin 8.2の日本語GUI用ファイルをこちらにアップしております。
使用方法は、Hugin 8.2がインストールされたフォルダに「i18n」というフォルダを作成して、上記からダウンロードしたzipファイルを解凍して、中身のjp_JP.xmlファイルを置くだけです。
Huginソフトウェアを起動して、オプション/プリファレンスから、プリファレンス・ウィンドウを開いて、言語フィールドで「jp_JP」を選択します。変更の結果は、次回Huginソフトウェアを起動したときに反映されます。
ご不明な点はマインドウエア総研にお問い合わせください。

投稿者:

Hugin Expert社がFDCとのコラボレーションを開始

HUGIN EXPERT A/S は、スカンジナビアの保険・年金分野のITソリューションの最大級のサプライヤーである FDC と保険詐欺に対抗するために、HUGIN FDM を FDCのSaaS(Software as a Service)ITプラットフォームに統合することで同意しました。
コラボレーションの目的は、保険会社が不正検出のための効率的なソリューションを実装することを可能にするHUGUINソフトウェアの機能 FDCのソリューションに統合することです。保険詐欺は、すべての保険会社において重要な課題です。最近の調査によれば、損害保険の請求の10から12%が不正に関わっているとのことです。 潜在的な不正請求を識別する効率的な方法が求められております。
共通ITプラットフォーム F2100にHUGIN FDM を統合することにより、FDCは不正の水準を下げるための効率的なツールを、既存顧客や見込み顧客に提供することができます。 この契約は、FDC の顧客企業がFDCから直接購入できるということを意味します。
この契約での最初の導入は、9月にNorwegian insurance company で開始されます。
FDC および F2100 の詳細は: www.fdc.dk
日本の金融・保険向けITソリューション企業様におかれましても、これと同様な枠組みで、HUGIN FDM を販売して頂くことが可能です。マインドウエア総研が、契約の取次ぎ、ソフトウェアのローカライズ、事業実施のサポートを致しますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

投稿者:

Teradataを数時間以内に先進の予測分析に変身させる

11Ants AnalyticsがTeradata用の11Ants Predictorのサポートを開始しました。
11Ants Predictorは、11Ants製品で構築された予測モデルをリアルタイム実行するためのモジュールで、これによりTeradataユーザーは、データウェアハウスに蓄積された顧客データから、購買行動予測モデルを素早く、安価に構築して、実行することが可能になります。過去の購買パターンから、たとえば商品A、商品Bといった特定の商品を将来購入する可能性や、その顧客が他社に乗り換えしてしまうリスクなどを予測するモデルを自動化された方法で構築できます。
従来、このようなモデルを構築するには、データウェアハウスの構築に加えて、さらにデータマイニング・システムの導入のために数千万円から数億円のコストと、統計学やデータマイニングのスキルを持った専任のスタッフ、数か月に及ぶ導入プロジェクトの実施が必要でした。
11Ants Analyticsは、11種類の機械学習アルゴリズムを駆使して、最善のモデルを自動構築する技術を実用化しており、11Ants Customer Churn Analyzer、11Ants Customer Response Analyzer、11Ants Model Builderなどの予測モデル自動構築ツールを提供しております。
この他、Oracle、Microsoft SQL Server、MySQL および SAND用の11Ants Predictorも取り揃えており、さらに11Ants Analyticsが配布するAPIによってほとんどすべてのデータベース製品との接続も可能です。

投稿者:

ノキアシーメンスネットワークスがDezideトラブルシュータを採用

Nokia Siemens Networks社は、同社が提供するアクティブ・ソフトウェア・サポート(ASWS)サービスの一部として、Dezide社のインテリジェント・アドバイザー・ソフトウェア・ソリューションを使用することで合意した。Nokia Siemens Networks社のASWSサービスは、昨年開始されたサービスで、ソフトウェアのユーザーが投資に見合ったより高い価値を得られるように、オペレータにより先読み的なソフトウェア・メンテナンスを提供する。これは、自動化された予防的なサービスとオンライン・コラボレーション機能により、利用者に途切れのないサービスを提供することを確実にして、ネットワークの利用可能性を改善する。今回の同意により、Nokia Siemens Networksは、強化された意思決定インテリジェンス・ソリューションおよびトラブルシューティング・サポートをオペレータに提供できるようになり、ネットワークの故障回復時間を最小化するようにオペレータを支援できる。ASWSサービス内では、この機能は、「Trouble shooting tree」と呼ばれることになっている。
「オペレータは、新世代の固定電話、携帯電話、IPテクノロジーによってレガシーなネットワークを拡張しているので、従来の方法でソフトウェアを保守することがだんだんと非効率になってきている。後追い型の人間の介在や修正は、コスト高で複雑すぎるようになってきた。Dezide のインテリジェント・アドバイザー・ソリューションと我々の先読み的で自動化されたASWS サービスの組み合わせは、ネットワークの信頼性と性能を改善するインテリジェントなツールを提供する」と Nokia Siemens Networks社・ASWS開発ヘッドの Björn Kahärä は言う。「Dezide Advisor は、Nokia Siemens Network社のサービス・ポートフォリオによくフィットする。それは、ASWSサービスに組み込まれて、ソフトウェアとネットワークのメンテナンス・プロセスを先読み的に最適化し、より高い品質と顧客満足度を達成するために、オペレータにネットワーク・インテリジェンスを提供する」。
ASWSは、新しい先読みアプローチのソフトウェア・メンテナンスを提供する。これはオンライン・コラボレーションのユニークなコンビネーション、ユニークな予防的メンテナンス機能、さらにシームレスなソフトウェア・ケース・ハンドリングに基づく。
CSPネットワーク・オペレーションでのトラブルシューティングのための高度なソフトウェア
Dezideのソフトウェアは、作業を最適化かつ自動化するソフトウェアで、市場にある中で最も高度な製品の1つである。これは人工知能に基づき、ガイダンスのためのインタフェースを提供するインテリジェント・ソリューションである。サービス・エンジニアは、ネットワーク問題の調整において、より正確により矛盾なく彼らをアシストする高度でかつセルフ・ラーニングなワークフロー・エンジンとして、それを用いることができる。これは、故障回復時間を改善し、ネットワークの信頼性と性能の改善を提供し、さらにサービス要員に彼らの効率性と正確さを改善するインテリジェントなツールを提供する。
このソフトウェアは、根本原因を見つける最善の戦略を計算するために、ベイジアンネットワークのコンセプトと確率ベースの意思決定プロポーザルを使用する。問題が深刻化する前にNokia Siemens Networks社が手を打てるように、完全に自動化されたセットアップで、このソリューションを実行うすることもできる。
「Nokia Siemens Networks社が同社のサービス・ポートフォリオにDezideのソフトウェアを組み込むことを選んだことは、我々のソフトウェアに検印が押されたこととして受け取れる。我々はこの同意に興奮し、これからNokia Siemens Networks社と仕事をすることが楽しみだ」 とDezide社の事業開発役員のEsben Rasmussenは言う。
Advisorは、アクティブなソフトウェア・サポート・ソリューションによく適しており、機能の見通しがよくなるように他のモジュールとシームレスに統合される。Advisor は、ASWSの不可分の一部としてNokia Siemens Networksの名前で販売される。
Nokia Siemens Networksについて
Nokia Siemens Networks 社は、テレコミュニケーション・サービスの主要なグローバル企業である。イノベーションと持続可能性に注力し、携帯電話、固定電話、そして集中型ネットワーク・テクノロジー、さらにコンサルテイング、システム・インテグレーション、配置、メンテナンス、管理サービスなどの一貫したポートフォリオを提供する。テレコミュニケーションのハードウェア、ソフトウェアおよびプロフェッショナル・サービスの会社として世界で最大規模の会社の1つである。150か国で活動し、本社はフィンランドのEspooにある。 www.nokiasiemensnetworks.com
日本での販売およびサポート
今後のDezide社の製品およびソリューションの日本国内での発売元は、マインドウエア総研が担当する予定です。マインドウェア総研は2003年からHugin Expert社の日本代理店です。Hugin Expert社とDezide社は、ともにデンマークのAalborg大學で開発されたベイジアンネットワーク技術を継承しているという関係になっています。

投稿者:

11Ants Customer Response AnalyzerによってEダイレクト・メールのレスポンスが166%に

11Ants Atanlytics社は、ニュージーランド最大のEコマース-Trade Meで、11Ants Customer Response Analyzerを導入して、Eダイレクト・メールのレスポンスを166%に増大できたとのケース・スタディを発表しました。
ケーススタディPDF

投稿者:

PLS 2012のお知らせ

PLS 2012: 7th International Conference on Partial Least Squares and Related Methods(第7回:偏最小2乗法および関連手法に関する国際会議)のお知らせです。
2012年5月19日から22日まで、米国・テキサス州・ヒューストンで、
The 7th International Conference on Partial Least Squares and Related Methods (PLS 2012) が開催されます。今回は米国での初めての開催となります。この会議のテーマは、「理論と応用フロンティアの進歩」で、理論とビジネス、工学、ライフサイエンスなどのさまざまな領域での実践的な事例を取り扱います。この会議は、世界中のPLS法の著名な専門家や実践家と会って、お互いの関心を議論する特別な機会です。4日間の会期中に、さまざまな応用領域を熟考する世界中の参加者が、PLS法の利用における彼らの最先端の理解と進歩を共有します。
主なスケジュール
大学院生のためのPLSおよび相関成分回帰に関する1日無料チュートリアル(5月19日 9:00から17:00)
オープニング・ナイト・レセプション – 5月19日 – 18:00から20:00
(Svante Woldの招待講演つき)
NASAヒューストン宇宙センターの半日見学 – 5月21日(月)(移動および入場を含む追加料金$10)
招待講演者は、George Marcoulides, Harald Martens, Jay Magidson, Michel Tenenhausら
5月20日(日)から22日(火)まで – 並行セッション
主な締切日
2ページのアブストラクト、2011年11月27日まで
アブストラクトの受領通知 – 2011年12月23日
8ページの最終論文 – 2011年2月20日
参加費用
$150 学生 (定額)
$400 教員
$700 一般
教員および一般は、2月20日までに参加申し込みをすると10%割引となります。
——————————————————————————–
詳細および参加申し込みは: http://www.plsconference.com/

投稿者:

XLSTAT日本語マニュアル

XLSTATの日本語マニュアルが,「データ準備」,「データ記述」,「データ解析」の機能に関する部分に加えて,「データモデリング」の機能に関するところまで翻訳できました.
データモデリングについては,以下の機能の説明があります:
分布の適合
線形回帰
ANOVA
ANCOVA
反復測定ANOVA
混合モデル
ロジスティック回帰
ノンパラメトリック回帰
非線形回帰
クラス分類木および回帰木
PLS/PCR/OLS回帰
ダウンロード