カテゴリーアーカイブ Hugin最新情報

投稿者:Kunihiro TADA

Hugin 8.5 リリース

本日、HUGINソフトウェアの新バージョン (v. 8.5)がリリースされました。
このリリースの主要な新機能は、特殊例としてのダイナミック・ベイジアンネットワークを含むオブジェクト指向ベイジアンネットワークでのクラス・パラメータの適応のサポートです。HUGINは、分割(フラクショナル)更新またはオンライン期待値最大化(EM)のいずれかを用いたネットワーク・クラスでのパラメータ適応をサポートしました。以前は、オブジェクト指向ベイジアンネットワークの場合のパラメータ適応は、ランタイム・インスタンスの表内で実行されていました。現在は、適応がネットワーク・クラス・テーブルで実行されます。さらに、Pythonプログラミング言語用の新しい HUGIN Decision Engine アプリケーション・プログラミング・インタフェースがこのリリースで導入されました。
HUGIN Graphical User Interface v. 8.5
HUGIN Graphical User Interface が、下記のさまざまな機能で改良されました:
– データ・フレーム・ウィンドウ内での機能サポートを含む、分割更新またはオンランEMのいずれかを用いたネットワーク・クラス内でのパラメータ適応。
– 学習ウィザードおよび構造学習ウィザードで、greedy search-and-score 構造学習アルゴリズムを事項するに先立って、グラフの初期構造を指定することができるようになりました。
– 新しい距離分析ダイアログが導入されました。これは、同じノードの集合での2種類のモデルで定義された(条件付き)確率表の間の距離を計算するためのツールです。このツールは、2つのモデルの確率分布の間の距離の測度として、Hellinger距離と重み付きHellinger距離をサポートします。
– 学習ウィザードと構造学習ウィザードTの特徴選択機能が導入されました。
– 数値ノードからステート・ラベルのないすべての数値ノードに、ステート・ラベルをコピーできるようになりましまた。
– その他のマイナーな改良。
その他、HUGIN Graphical User Interfaceの性能を向上するための作業が行われました。
HUGIN Decision Engine v. 8.5
HUGIN Decision Engineが以下の機能で拡張されました:
– HUGIN Decision Engineが特殊例としてのダイナミック・ベイジアンネットワークを含むオブジェクト指向ベイジアンネットワークのパラメータ適応で2つの新しい手法をサポートしました。
– Pythonプログラミング言語用の新しいHUGIN Decision Engine アプリケーション・プログラミング・インタフェース。
– Visual Studio 2017のサポート

投稿者:Kunihiro TADA

Hugin 8.4 日本語GUIファイル

先日リリースされたHugin 8.4の日本語GUI用ファイルをこちらにアップしております。
使用方法は、Hugin 8.4がインストールされたフォルダに「i18n」というフォルダを作成して、上記からダウンロードしたzipファイルを解凍して、中身のjp_JP.xmlファイルを置くだけです。
Huginソフトウェアを起動して、オプション/プリファレンスから、プリファレンス・ウィンドウを開いて、言語フィールドで「jp_JP」を選択します。変更の結果は、次回Huginソフトウェアを起動したときに反映されます。
ご不明な点はマインドウエア総研にお問い合わせください。

投稿者:

Hugin 8.4 リリース

HUGINソフトウェアの新バージョン(v. 8.4)がリリースされました。
このリリースの主要な新機能は、ダイナミック・ベイジアンネットワークでの近似推論の改良サポートです。ダイナミック・ベイジアンネットワークのタイム・ウィンドウ(時間窓)内のタイム・スライス間でBoyen-Kollerアプローチを用いた近似推論が実行できるようになりました。以前は、タイム・ウィンドウが進んでいて、タイム・ウィンドウをまたがって予測が行われるときだけ近似推論がサポートされていました。さらに、データ・シーケンスを用いたダイナミック・ベイジアンネットワークの計算をサポートするために追加の機能がデータ・フレーム・ウィンドウに追加されました。
HUGIN Graphical User Interface v. 8.4
HUGINグラフィカル。ユーザー・インタフェースが、さまざまな新機能で改良されました:
– ダイナミック・ベイジアンネットワークのタイム・ウィンドウ内でのBoyen-Koller近似。
– データ・フレーム・ウィンドウが、データ・シーケンスでの(主に)ダイナミック・ベイジアンネットワークの計算をサポートするための多数の新機能で改良されました。これにより、たとえば、”列マッピングのステート”を手動で指定することができるようになって、クラス確率を格納する列を識別するのがより簡単になりました。
– データ・フレーム・ウィンドウ機能’propagate-all(伝播-すべて)
‘は、完了後の要約ウィンドウを表示して、伝播の際の誤差を識別することをより簡単にします。
– ウィンドウのリストが、データ・フレームに関する情報を格納するようになった、データ・フレーム・ウィンドウを選択するのが簡単になりました。
– OOBNモデルのノード・リストで個々のインスタンス・ノードを閉じる/開くことができます。
– “ネットワーク統計”ダイアログが親とステートに関する新しい情報で拡張されました。
– 新しいテキスト・ラベル・ツールを用いてネットワークに説明テキスト・ラベルを追加できるようになりました。
– その他の小さな改良。
また、HUGINグラフィカル・ユーザー・インタフェースの性能を向上させる作業が行われました。
HUGIN Decision Engine v. 8.4
HUGINディシジョン・エンジンは、以下の機能で拡張されました:
– HUGIN Decision Engineがダイナミック・ベイジアンネットワークのタイム・ウィンドウ内でBoyen-Koller近似をサポートしました。
– Visual Studio 2015のサポート
– HUGIN Web Service APIを用いて、HKBファイルを保存するときに、ブラウザの’名前をつけて保存’ダイアログにファイル名の提案をプログラマが指定できるようになりました。

投稿者:

クレジット・スコアリングと反マネーロンダリング

ベイジアンネットワークのHUGINが、クレジット・リスク・ソリューション「BayesCredit」と反マネーロンダリング・ソリューション「BayesAML」の外販を開始します。
HUGINというのは、ベイジアンネットワークの本家本元です。HUGIN以降に世界中でさまざまな亜種が開発されてはおりますが、現在でも正確な確率推論を実行するにはHUGINの技術が不可欠であるというのが真実なのです。
そして、HUGINは金融分野のソリューション開発でも20年以上のキャリアを持ちます。ヨーロッパの金融機関は、20年も前からデータマイニングや人工知能、機械学習などの新しい技術を業務に活用する研究に取り組んでおります。金融のプロと(本物の)データサイエンスティストのコラボレーションがずっと続けられてきたわけです。(ブームに付和雷同している日本とは大違いです。)
まずクレジット・リスク・ソリューションですが、2007年から2015年にかけてノルウェーのリスクマネジメント・コンサルティング会社Combitechと共同でマルチクライアント方式の研究プロジェクト(ノルウェーの銀行資本の80%を占める機関が参加)を実施して開発してきたものです。その成果を満を持して世界に発信するというわけです。
金融機関にとって収入証明で顧客の信用リスクを評価するのが安直な方法なのですが、それでは多くのビジネス・チャンスを失うだけでなく、債務不履行のリスクを軽減することにもあまり効果がありません。
BayesCreditによって、支払履歴から債務不履行の確率を計算するだけでなく、新規顧客についても初期の顧客情報から貸付の承認・却下の暫定的な判断をして、さらにどのような詳細情報を収集するべきかの提案までできます。
これにより、従来は、低所得だと言う理由だけでローンを組めなかった層からでも、隠れた優良顧客を見つけることができるとのことです。BayesCreditは、最新鋭のリスク・レポーティング・ソリューションとして、Basel監視機関から承認されています。
一方、反マネーロンダリングについては、ヨーロッパでは、すでにマネーロンダリングとテロリストの資金調達の法的規制がかけられています。(これも日本は遅れています。)BayesAMLは、第4次反マネーロンダリング条例の要求を満たすために金融機関に提供されるソリューションです。
個々の取引をコンピュータで監視して、疑わしい取引にフラグを立てます。現在ホワイトペーパーを翻訳中ですので、これについては追って報告します。ホワイトペーパーを希望される金融機関様、コンサルティング会社様はぜひご連絡ください。

投稿者:

HUGIN 8.3リリース

本日HUGINソフトウェアの新バージョン(v8.3)をリリース致します。このリリースの主な機能は、ダイナミック・ベイジアンネットワークのサポートの改良です。これは、テンポラルなクローン上の同時確率分布の近似によって、ダイナミック・ベイジアンネットワークでの近似信念更新のアルゴリズムと、データ処理およびデータ・シーケンスに関するモデル評価のためのデータ・フレーム・ウィンドウへの多数の拡張を含みます。
HUGIN Graphical User Interface v8.3
HUGIN グラフィカル・ユーザー・インタフェースが、下記のさまざまな新機能で改良されました:
– ダイナミック・ベイジアンネットワークでの推論が、近似アルゴリズムを使用して実行できるようになりました。近似が予測用および時間窓の移動時にサポートされました。時間窓内の信念(確信度)更新が正確です。これは、この近似が主にテンポラルなクローン上で大きな同時確率分布を持つ 1.5 タイム・ステップのダイナミック・ベイジアンネットワークに適していることを意味します。正確推論と近似推論を選択できます。
– データ・フレーム・ウィンドウが、(主に)データ・シーケンスに関するダイナミック・ベイジアンネットワークの評価をサポートする多数の新機能で改良されました。これは、データ・ファイルに複数のシーケンスが含まれる場合に、シーケンスの識別子として列をマークする機能を含みます。ケースを伝播する機能、データの操作、およびダイナミック・モデルの評価は、シーケンス識別子の指定に左右されます。たとえば、データ・シーケンスと単一のケースに変換する機能やシーケンス・クラス分類の結果をより詳細に精査する機能があります。
– HUGIN GUIフレームの内側のフレームから浮遊ウィンドウにデータ・フレーム・ウィンドウをトグルする(切り替える)機能。
– 実行モードで親のない実数値関数ノードの値を変更できるようになりました。
– ダイナミック・ベイジアンネットワークでOOBN(オブジェクト・ネットワーク) EM パラメータ推定を実行できるようになりました。これは、データ・フレーム・ウィンドウでの改良されたデータ・シーケンスのハンドリングのサポートと組み合わせると便利です。
– ウィザードのリストに構造学習ウィザードが追加されました。これは、学習ウィザードのパラメータ推定ステップを経ることなくベイジアンネットワークの構造を構築することを簡単にします。
– 学習ウィザードと構造学習ウィザードに特徴選択のためにオプションのステップが追加されました。このステップは、特定の目的変数に関連する離散変数の 特徴選択をサポートし、データからクラス分類モデルを構築するときに便利です。
– DBN機能が、DBNを指定されたステップ数に進めるのを簡単にする高速フォワード・ボタンで拡張されました。
– DBN機能が、タイム・スライス間のノードのすべてのモニターを開いたり閉じたりするメニュー項目で拡張されました。
– 実行モードで単一のインスタンス・ノードを再帰的に拡げる/畳むができるようになりました。
– データ・フレーム・ダイアログげの信念のエクスポート用の機能が、CG(連続ガウス)ノードの平均と分散を表示するようになりました。
– HUGINグラフィカル・ユーザー・インタフェースの32ビットと64ビット・バージョンを生成するのに同じJavaコードを使用するようになりました。
– その他のマイナーな改良。
さらにHUGINグラフィカル・ユーザー・インターフェースの性能を向上させるための作業が行われました。
HUGIN Decision Engine v8.3
HUGIN ディシジョン・エンジンは、下記の機能で拡張されました:
– HUGINディシジョン・エンジン用のアプリケーション・プログラミング・インターフェース (APIs) が、データセットを表現する新しいデータ・タイプで拡張されました。これは、データセットを操作し使用するための機能のサポートを含みます。これは、たとえば、ファイルからデータをパースする既存のAPI関数の要求にマッチする必要がないデータの読み込み、格納および操作に便利です。
– HUGINディシジョン・エンジンが、ダイナミック・ベイジアンネットワークでの近似推論をサポートしました。近似が予測および時間窓の移動用にサポートされました。時間窓内の信念(確信度)更新が正確になりました。
– HUGIN Web Service API が、ダイナミック・ベイジアンネットワークの展開のための新しいウィジェットを持ちました。

投稿者:

Huginソフトウェアの年間ライセンス

ベイジアンネットワークの構築・運用ソフトウェアとして、世界的なパイオニア製品であるHuginの年間ライセンスを提供開始します。
これまでHugin製品は、永久ライセンス(初期費用)+年間メンテナンス(初期費用の25%)で提供されてきましたが、企業向けのHugin Developer,およびExplorerは、それぞれ国内販売価格が120万円、60万円(税別)とやや高額でした。今回提供を開始する年間ライセンスは、下記のとおりです:
Hugin Developer年間ライセンス:576,000円(税別)
Hugin Explorer年間ライセンス:288,000円(税別)

高額な永久ライセンスを購入した場合は、税務上、減価償却が適用されることになるのですが、これがソフトウェアというものの現実とマッチしていないので、企業様では年間ライセンス等の期限つきライセンスやSaaSが好まれます。年間ライセンスであれば、購入した年度に100%経費として計上できます。
とりあえずHugin Expert社では、日本の企業向け市場だけに限定して、試行的に年間ライセンスを提供する方針です。
近年のビッグデータ・ブームの中でも、ベイジアンネットワークは主要なツールの1つです。ベイジアンネットワークは、いまや総合的なデータマイニングや機械学習等のツールセットに中にも搭載されている標準的なツールですが、それらの総合的なツールセットと特定の手法に特化した専門的ツールでは、実装レベルで大きな差があります。ぜひ、この機会に本物のベイジアンネットワークをご検討ください。

投稿者:

Hugin 8.2 リリース 〜構造学習がスピードアップ〜

HUGIN ソフトウェアの新バージョン (v8.2)がリリースされました。このリリースの主要な新機能は、PCアルゴリズムを用いて並列でベイジアンネットワークの構造を学習する機能です。並列処理の実装は、マルチスレッドの使用に基づき、メインメモリ内にすべてのデータを格納する必要があります。
このリリースは、データ処理のためのData Frameウィンドウとモデル性能の評価になされた数々の改良も含まれています。
HUGIN Graphical User Interface v8.2
HUGIN Graphical User Interface が新しい機能で改良されました:
– Data Frame ウィンドウがモデル評価をサポートする数々の新機能で改良されました。とくに、Data Frameウィンドウは、クラス変数が複数のステートを持つクラス分類モデルの混同行列を計算する機能、leave-one-outクロスバリデーション、データセット内で実数関数ノードの値を指定するオプション、同じグラフの複数の曲線を表示する機能、ケース・インデックスに対する値をプロットする機能などで拡張されました。
– PCアルゴリズムは、マルチスレッドを用いて並列でデータからベイジアンネットワークの構造を学習する機能で拡張されました。これは、コンピュータのマルチコアの利点を生かして、データからベイジアンネットワークの構造を学習する時間が短縮されることを意味します。
– DBN機能は、モデルの新しいコンパイルを実行しないで、簡単にDBNをリセットできるrewind ボタンで拡張されました。
– ノード・プロパティ・ダイアログが改良されたました。
– 選択されたエッジがEditモードでハイライトされるようになりました。
– ベイジアンネットワーク内の従属関係の強さを示す新しい機能が追加されました。これは、グラフ内で接続されたノード間のペアワイズ相互情報の計算に基づきます。
– その他マイナーな改良。
また、Hugin Graphical User Interfaceの性能を改良するために作業が行われました。
HUGIN Decision Engine v8.2
HUGIN Decision Engineは下記の機能で拡張されました:
– Table Generatorが、親ノードのステート・インデックスを数式内で指定する新しい演算子を持ちました。これは、とくに、ノードが区間サブタイプの親ノードを持つ場合に有用です。
– HUGIN Web Service API が、クライアントとサーバー間のより効率的な通史のためのJSON オブジェクトの使用をサポートしました。これは、サーバーが多数のHUGIN ファンクションコールを実行しなければならないときの通信オーバーヘッドをかなり低減します。
– HUGIN Decision Engineが、マルチスレッドを用いた並列PC構造学習をサポートしました。

投稿者:

Hugin 8.1 日本語GUIファイル

先日リリースされたHugin 8.1の日本語GUI用ファイルをこちらにアップしております。
使用方法は、Hugin 8.1がインストールされたフォルダに「i18n」というフォルダを作成して、上記からダウンロードしたzipファイルを解凍して、中身のjp_JP.xmlファイルを置くだけです。
Huginソフトウェアを起動して、オプション/プリファレンスから、プリファレンス・ウィンドウを開いて、言語フィールドで「jp_JP」を選択します。変更の結果は、次回Huginソフトウェアを起動したときに反映されます。
ご不明な点はマインドウエア総研にお問い合わせください。

投稿者:

HUGIN 8.1 リリース

HUGINソフトウェアの新バージョン8.1がリリースされました。このリリースでの主な新機能は、新しいHUGIN COM APIの導入と、ダイナミック・タイムスライス・ベイジアンネットワーク(DBN:Dynamic time-sliced Bayesian Network)のサポートの拡張です。
バージョン8.0で導入されたベイジアンネットワークによるダイナミック・タイムスライス・システムの推論をサポートする機能が、さらに拡張されました。 これは、HUGINウェブサービスAPIでのダイナミック・ベイジアンネットワークのサポートと、ネットワーク中に連続確率ノードと関数ノードを含めるオプション(ただし、これらのノードはテンポラル・クローンは持てません)を含みます。複数のお客様からのご要望に応えて、たとえばMicrosoft Excelの64bitバージョンでHUGINを使用することを可能にするHUGIN COM APIを導入しました。

HUGIN グラフィカル・ユーザー・インタフェース v8.1

HUGIN Graphical User Interfaceが、さまざまな新機能で改良されました。新機能には以下の機能含まれます:
– DBN機能が拡張されました。連続確率ノード、
および離散/連続関数ノードが、テンポラル・クローンを持てないという制限つきで、DBNNモデルでサポートされました。
– DBNによる予測とベイジアン・フィルタリングの機能が、データ・フレームに追加されました。
– たとえば学習ウィザード内で使用される前処理ツールが改良されて、データ処理(Data Processing)と名前を変更しました。たくさんの新機能で、予測とベイジアン・フィルタの計算を可能にする機能です。
– データ・フレーム・ウィンドウが、確信度の更新の際に計算される正規化定数、正規化定数の対数、ケースを伝播したときのエビデンスの確率を含む機能で拡張されました。
– データ・フレーム・ウィンドウに確信度をレポートすることができます。
– たとえば、インフルエンス・ダイアグラムで情報リンクの色を設定するのを簡単にするために、デフォルト・リンク・グループが導入されました。
– DBN、オブジェクト指向ベイジアンネットワークおよびインフルエンス・ダイアグラムをサポートするためにコード・ウィザードが拡張されました。
– オブジェクト指向ベイジアンネットワークとインフルエンス・ダイアグラムで、関数ノードと効用ノードがインタフェース・ノードとして定義できるようになりました。
– 確実な状況下で、ショートカットが失われる場合がある問題を修正しました。
– その他のマイナーな改良。
その他、HUGINグラフィカル・ユーザー・インタフェースの性能を向上させるための作業が行われました。

HUGIN Decision Engine v8.1

HUGIN Decision Engineは、以下の機能で拡張されました:
– HUGIN Webservice APIが、オブジェクト指向ベイジアンネットワークとインフルエンス・ダイアグラム、およびDBNをサポートして拡張されました。
– HUGIN APIの新しいCOMインタフェース – HUGIN COM が導入されました。これは現在廃止される可能性のあるActiveX server を置き換えて、HUGIN COM インタフェースを使用する32ビットと64ビット・アプリケーションを可能にします(すなわち、HUGINは、64-bit Excelで利用可能です).
– 副作用のあるHugin関数が呼び出される際、いつでも無効化されたHTTPキャッシュ・アイテムの集合を自動再フェッチすることにより、API 用にJavaScriptを用いて構築されたウェブ・アプリケーションの応答性がスピードアップされました。
– HUGIN Decision Engineは、オブジェクト指向ベイジアンネットワークとインフルエンス・ダイアグラム、およびDBNのHKBファイルへの保存をサポートしました。

投稿者:

祝・HUGIN Expert社25周年

ベイジアンネットワーク・テクノロジーのグローバル・リーダーであるHUGIN Expertは、ちょうど25年前の1989年10月24日に設立されました。
HUGIN は、神経疾患と筋疾患の診断において医師を支援するためにEUが出資したプロジェクトからスピンオフしてできた会社です。診断での不確実性を克服するために、因果確率ネットワーク(CPNs:Causal Probabilistic Networks)に基づいてエキスパート・システム「MUNIN」が構築されました。これらの人工知能手法は、1988年にデンマークのオールボルグ大学のSteffen L. Lauritzen教授とケンブリッジ大学の David Spiegelhalter氏によって、アルゴリズムHUGIN(Handling Uncertainty in General Inference Networks)として論文発表されてから実用化への新しい局面を迎えました。
1989年にHUGINツールが商用化され、HUGIN EXPERT社が生まれました。今日、HUGIN EXPERT A/S は、ベイジアンネットワークに基づく推論と意思決定のためのソフトウェアのリーディング・プロバイダーです。HUGINソフトウェア・テクノロジーは、決定分析、決定支援、健康診断、不正検出、リスク評価、安全評価、トラブルシューティング(故障診断)、食品安全、法鑑定(遺伝子鑑定)など、最先端のアプリケーションを作成するために、25か国を超える国々で、グローバルな企業や団体に採用されております。
25年前に会社が設立されたときのイノベーション精神は、今後も永い年月にわたり、HUGIN Expertがグローバルなテクノロジー・リーダーとして進化し続けるように導きます。