カテゴリーアーカイブ Hugin最新情報

投稿者:

不正保険請求発見システム

現下の経済危機で、保険の不正が多発しており、保険会社では不正と戦う効果的な方法の採用よりも、実行プロセスでの損失の低減と価値の探索のニーズが高まっている。
HUGIN EXPERT社のソフトウェアによって、保険会社は不正発見を素晴らしく改善する不正発見システムを開発することができ、保険請求を効率的に取り扱うことができるようになる。
Ecsact A/S との協力
小規模から大規模まで、すべての保険会社で高度な不正発見と保険請求の効率的な処理を可能にするために、Hugin Expert社は専門保険の経験豊かな提供者で保険数理コンサルタント・サービスのEcsact A/Sとチームを組んだ。HUGIN EXPERT と Ecsact のコラボレーションは、より多くの保険会社で先進の不正発見ソリューションを首尾よく開発し実装することを可能にする。不正発見ソリューションは、純利益の確保、顧客ロイヤリティおよび競争力の強化のために、今後数年間のカギとなっていく。
Ecsact A/Sの詳細な情報とHUGINの不正発見ソリューションの詳細は、http://www.ecsact.dk
国内ではマインドウエア総研を通して同ソリューションの導入ができる。
http://www.mindware-jp.com/solution/fraud.html

投稿者:

Huginが参加するBIOTRACERが最高の成果

欧州委員会が1100万ユーロで立ち上げた大規模プロジェクトBIOTRACERが、オランダ・アムステルダムで3月に開催された評価会議にて、2人の外部評価者から最高評価を受けた。
欧州委員会が要求する年間評価会議が2009年3月23日24日に開催された。BIOTRACERのワークパッケージ・リーダーECサイエンス・オフィサーのCiaran Manganと共に、ドイツ・クルムバハの食肉科学研究所のDr. Rohtraud Pichner およびスイス・チューリッヒのチューリッヒ大学のRoger Stephan教授が、ECで実施されている研究プロジェクトの進捗を評価するための評価会議に参加した。
全体評価の結果は、「このプロジェクトは、その目的と期間内の技術的目標を完全に達成し、当初の期待さえ超えた」としている。その評価は、「良好ないし極めて優れたプロジェクト」という最高のレーティングであった。
評価者は、「昨年の評価者の推薦に従って、方法論的問題の作業はもはやプロジェクトの中心的課題ではなく、プロジェクトにモデラー(Hugin)を緊密に統合するためのフィールド・データを作成する食物連鎖のサンプリングが開始された。このモデラーと微生物学者との緊密な協力は、時期計画においてとても重要である」とした。
BIOTRACERの将来に関して、評価者は、「ECの他のトレーサビリティ(生産履歴管理)プロジェクトと統合するバーチャルなトーレサビリティ研究所として設立されたコンソーシアムが、BIOTRACER(プロジェクトの内外)のトレーニングと普及活動を一緒にもたらし、これらの活動が投資期間後のプロジェクトの統合、調整、持続性の創造を確かなものにしている」と言う。
BIOTRACERは、食品や動物の飼料 に含まれる微生物の識別を改善する目的の統合化プロジェクトである。 欧州共同体のメンバーの増加により、またヨーロッパでの食品や飼料の貿易量の増加により、バイオ汚染の追跡のための標準フォーマットが必要になっている; BIOTRACERは、新しく改良されたテクノロジーを用いて、これらの標準を開発することを支援する。BIOTRACERは、この結果を採用してヨーロッパ全体の食品安全性を改善するために、微生物学の専門家とコンピュータ・ソフトウェア開発の専門家、そして食品販売業者を集めている。BIOTRACER は、食品および飼料の汚染問題に取り組むために、24カ国から46機関が参加してコンソーシアムを設立している。
ヨーロッパの食品に関する消費者の信頼を確かにし、ヨーロッパの産業、とくに中小企業をサポートするために、EUが研究プロジェクトを立ち上げた。
HUGIN EXPERT社は、HUGINソフトウェア(世界標準のベイジアンネットワーク)を用いてドメイン・モデリングと意思決定支援での研究を通して、BIOTRACERに参加している。
より詳細な情報は、http://www.biotracer.org

投稿者:

HUGINグラフィカル・ユーザー・インタフェースのマニュアル

Huginのグラフィカル・ユーザー・インタフェースの日本語マニュアル(ただし未完成)を更新しました。
Hugin Developer
Hugin Explorer
Hugin Researcher
Hugin Educational
で共通にご利用頂けます。
http://www.mindware-jp.com/hugin/developer/documentation/GUI_Manuals/Htmlhelp.zip