カテゴリーアーカイブ Viscovery最新情報

投稿者:

Viscovery SOMine 7 ダウンロード開始

Viscovery SOMine 7 日本語版がダウンロード可能になりました。すでにご注文頂いているお客様には、順次、ダウンロード情報をお知らせ致します。
評価用ダウンロードもすでに旧バージョンからSOMine 7 に切り替えております。こちらのページからダウンロードできます。

投稿者:

Viscovery SOMine 7 今夏に出荷予定

Viscovery製品の次期バージョンViscovery SOMine 7の全容が明らかになったのでお知らせします。
従来Viscovery製品は、SOMineを普及価格製品と位置付けて、その上位製品としてProfiler, Predictor, Schedulerなどを提供して来ました。時期バージョンでは、これらのすべての機能をViscovery SOMineに統合します。価格もほぼ従来のSOMineの価格帯ですべて揃う設定になります。
モジュール方式の採用によって、ユーザーは最小構成の基本モジュールから必要なモジュールを追加して購入できるようになります。提供されるライセンス種別は、
– 年間シングル・ユーザー・ライセンス
– 永久ライセンス
– ネットワーク・ライセンス
の3種類で、永久ライセンスは、年間ライセンスの3年分の初期費用と年間メンテナンス料として初期費用の20%がかかります。したがって、実際的には年間ライセンスで導入するのが、今後の標準形態となることが予想されます。
ネットワーク・ライセンスとは、ユーザーの組織内ネットワークの任意のコンピュータで同時使用ができるライセンスです。同時使用できるユーザー1人あたりのコストは、シングル・ユーザー・ライセンスの2.5本分に設定されます。
最小構成の年間シングル・ユーザー・ライセンスでは、10万円を大幅に切る低価格で利用できるようになります。学術用ライセンスという区分は撤廃される見通しですが、最小構成では取り扱えるデータ規模を100列×10万行に制限することで低価格設定にしており、実質的にこれが学術ユーザー向けのモジュールとなります。
モジュール構成は、下記のようになります:
– Visual Cluster(ビジュアル・クラスタ):最小基本モジュール
100列×10万行のデータからViscoveryマップを作成でき、複合的な表示で可視化をできる。
– Explore and Classify(エクスプロア&クラシファイ)
従来のSOMine Expert以上の製品で提供されていたグループ・プロファイル、クラスタ評価、統計量、モニタリングなどの高度なマップ探索機能とクラスタ(セグメント)定義機能、さらにモデルを適用して結果を評価するクラス分類ワークフローを提供。
– Predict and Score(プレディクト&スコア)
グローバル回帰とローカル回帰モデルを作成する予測ワークフロー、(非線形)従属性分析のツール、さらに予測モデルを適用・評価するスコア・ワークフローを提供。
– Enterprise Data(エンタープライズ・データ)
データ規模の制限解除、前処理スクリプト化、超多次元データの多重比較補正、データベース接続、特別形式のデータ・インポート、データのJoin機能、データマート・エクスポート、データ・サンプリング等を提供。
– Workflow Automation(ワークフロー・オートメーション)
ワークフロー(前処理、クラスタ、クラス分類、予測、スコア)の自動実行。スケジュール作成、メンテナンス、通知機能などを含む。
この他、作成したモデルを実行系システムにシステム・インテグレーションしたり、Webページに掲載したりするためのViscovery Integration Packageも提供されます。
国内での出荷は夏ごろを予定しておりますが、ご予約や現行バージョンからの移行などについて、順次ご相談を受け付けます。

投稿者:

MRJの開発にViscoveryも貢献

ただいまメディアで絶賛報道中の三菱航空機が開発した次世代リージョナル・ジェット機「MRJ」の開発過程で、Viscoveryのデータマイニング技術が貢献しております。この部分の中心人物は、東北大学の大林茂教授です。
こちらの記事にその詳細が掲載されております。

投稿者:

Viscovery SOMineのビデオ・チュートリアル

Viscovery SOMineのビデオ・チュートリアルが利用可能となりました。
言語は英語ですが、ネーティブ・スピーカーの比較的聞き取りやすい英語です。また画面下部にある”CC”をクリックすると、音声と同じ英語のテキストが表示されますので、聞き取りの助けになります。

投稿者:

Viscovery 6.1.0 リリース

Viscovery SOMine/Profiler/Predictorのバージョン6.1.0がリリースされました。Microsoft Excel®の新しい形式のファイル(*.xlsx)およびCSVファイルのインポートが可能になりました。

投稿者:

多重検定問題

Viscovery SOMine/Profilerでは,プロファイル分析(t検定)でBenjamini-Hochberg多重検定補正をサポートしております.
Viscoveryではプロファイル分析の結果が,「グループ・プロファイル」ウィンドウに表とグラフで表示され,表の中に「信頼度」の項目があって,そこにパーセント表示で信頼度が表示されます.そして,検定の結果,有意でないと判断された信頼度が灰色で表示されます.表の右側には,棒グラフで有意な結果が得られた属性のみが,グループの特徴を示すグラフとして示されます.

p値を求めたい場合は,「1-(信頼度/100)」として計算します.したがって,信頼度が95%のとき,p値は0.05となります.「ファイル」メニューから「プリファレンス」ダイアログを呼び出し,「チャート」タブで「多重検定補正を適用」にチェックを入れている場合,上記の表で「有意」として採択される水準がBenjamini-Hochberg補正によって変更されます.ただし,信頼度の数字そのものの表示は変わりません.

インターネットで多重検定問題に関して検索すると,Benjamini-Hochberg補正に関して批判的な意見もあるようです.Benjamini-Hochberg補正は,p値が一様分布することを前提としますが,実際にはp値が一様分布しないので,p値の分布が右寄りになっている(値の高いほうの度数が多い)場合,計算で得られたp値は実際よりも甘い推定になっていることがある,というのが批判の理由です.
Viscovery社に,これについてのコメントを求めました.「我々はさまざまな多重検定補正を徹底的にテストした.Benjamini-Hochbergは,ときどきわずかに甘いかも知れないが,全体的には最も信頼性が高く頑健な手法である.遺伝子発現データだけでなく,テキスト・マイニングや産業データでもよく動作する」との回答を得ました.
さらに「注意すべきことは,ケース数が少なくて非常に多次元なデータの場合,統計的有意度の概念は実際的に破たんしているという事実だ.”多重補正有意度”は,どの変数が異なっているかの(相対的な)指標を提供するが,それはもはや真の有意度ではない」とも言っております.
学術研究では,それほど多くないケースでデータ解析をされることが多いので,「そもそも論」としてp値の補正方法を云々する前に,そのことを考慮する方が先だということのようです.
研究の成果を「科学的発見」として論文にするべきかどうかを判断するときに,p値は重要な指標となりますが,計算上の結果に過ぎないp値をあまり絶対視しすぎるのもよくないということかと思います.
Viscoveryの製品はヨーロッパのライフサイエンスや医学研究における主要な研究機関で多く採用されています.ViscoveryにBenjamini-Hochberg補正が採用されているのは,それらの研究者からのリクエストがあってのことです.Benjamini-Hochberg補正は,とくに遺伝子発現分析の分野で広く標準手法として使用されているとのことです.
結論としては,正しい認識を持って使用すれば有効なツールとなる,というごく当たり前のことであります.

投稿者:

Viscovery version 6.0 キャンペーン

Viscovery製品のversion 6.0の販売促進として,2013年9月30日までのご注文に限り,5%の値引きを実行致します.
なお,既存のユーザー様は,さらに以下の値引きがございます.
version 3.x またはversion 4.x からvesion 6.0へのアップグレード:10%の値引き
version 5.x からversion 6.0へのアップグレード:50%の値引き
この機会にぜひご利用ください.

投稿者:

SOMine 6 配布を開始します。

Viscovery SOMine 6 日本語版の配布を近日中に開始します。
Viscovery SOMine 6 は従来のバージョンの機能に加えて、次のような特徴を備えております。
– GUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェース)のボタンのグラフィックスを一新して,より洗練された見やすいユーザー・インターフェースを提供しています。
– データマート作成ワークフローにおける名義値の設定ステップ(質的変数の前処理)で、多値化オプションが追加されました。これは、たとえばアンケート調査データの複数回答の場合に対応します。
– グループのプロファイルを計算する際、従来は選択されたグループとマップ全体(全データ)との間での比較を行っていましたが、参照グループを設定して任意のグループとの比較ができるようになりました。
– グループのプロファイルを計算する際、多数の属性がある場合、多重検定問題が生じますが、これを軽減するBenjamini-Hochberg多重検定補正オプションが追加されました。この機能は、とくにバイオサイエンスや医学研究のユーザー様のお役に立ちます。
– 属性ピクチャ・ウィンドウにおいて、各属性のピクチャの類似度によって、ピクチャを並べ替える機能が追加されました。これは多数の属性を含むデータからマップを作成した場合に、属性間の関係性を素早く見極めることに役立ちます。
– バージョン4以前にあったモニタリング機能が復活しました。これにより多変量の時系列データの時間的変化をトレースできます。たとえば、機械やプラントの運転状態や生体データ、あるいは集団の行動データなどの時間的変化を監視することに利用できます。
SOMine 5をご購入されたユーザー様には、定価の50%で、SOMine 6にアップグレードできる特典がございます。また2013年6月以降にSOMineを購入されたユーザー様には、無償でアップグレード頂けます。

投稿者:

Viscovery社がビジュアル・データマイニング・プラットフォームの新バージョンをリリース

2013年5月15日,オーストリア/ウィーン
データマイニングの専門会社・Viscovery社は、複雑なデータにおける高付加価値な洞察を支援するViscovery® ソフトウェア・スィートの最新バージョンをリリースしました。
Viscovery バージョン 6.0 は、たくさんの機能強化、より直感的なユーザー・インタフェース、およびバイオメディカルや遺伝子分析の分野でとくに重要な新機能を提供します。この新バージョンは、長年にわたるソフトウェア開発の頂点にあたります。
複雑なデータの探索的分析や統計的モデリングにおけるViscoveryのユニークな特許技術を基にして、新機能の数々は、ライフサイエンス分野への成功的な展開をもたらしました。グループ(群)比較機能やクラスタの特徴分析機能において、とくにバイオサイエンスや医学研究でのデータマイニング・ユーザーのために、きわめて重要な改善がなされました。
その他の改良点は、プロセス状態のモニタリング機能、分析モデル上でクラスタされたオブジェクトの画像をダイレクトに表示する機能などの追加、さらにターゲット属性での個々の属性の影響度に関する相関-独立測度のような分析機能の提供などです。刷新されたグラフィカル・ユーザー・インタフェース、強化されたワークフロー・マネジメント、その他のユーザイリティの改良によって、Viscoveryスィートの最新バージョンが仕上げられています。
「新リリースでお客様が最も気に入られていることの1つは、多重検定補正によって超多次元データ中で興味深い属性を識別することで、これはとくに数千個もの変数を含むデータが分析されている場合に、偽陽性を回避するのに役立ちます」とViscovery Software社のCEO、Gerhard Kranner博士は述べます。「高付加価値の洞察を実現することにより、顧客分析でも、バイオマーカーの識別でも、従来の分析にかかる時間やコストを必要とせずに、Viscoveryは複雑なデータから決定的な知識を素早くかつ直感的に抽出する能力を組織に与えます」
Viscovery バージョン 6.0 は完全なメジャー・リリースで(英語版は)直ちに利用可能です。(日本語版は年内に順次出荷します。)

投稿者:

2012年度のViscovery社の成長

[News — Viscovery] Vienna, Austria, 14 March 2013 —
ウィーンに本拠地を置くViscovery社は、2012年も良好な営業成績を達成しました。ライセンスとサービスで85% の売り上げを占めており、利益も2011年から安定した成長を示しております。とくにアジア太平洋地域での増加が全体を引き上げております。SOM ビジネス(自己組織化マップを用いたデータマイニング)は、引き続き2013年もより広く国際マーケットに展開されます。
2012年の新規の顧客には、(日本の)JAXA、ホンダ技術研究所の他、オンラインゲーム・プロバイダのFunstage、シンガポールの財務省、ロイヤルティ・プログラムのスペシャリストであるPinpont社などがあります。 またデロイトは、10か国以上で同社のプロフェッショナル・サービスでViscoveryのソフトウェアの実装を拡大しました。この他、ルイジアナ州立大学のヘルス・サイエンス・センター、ミシガン工科大学、東京大学、南クィーンズランド大学などを含む、たくさんの研究機関や大学で、2012年に新たにViscoveryのソフトウェアが採用されました。
親会社の Biomax Informatics AGとの協力で、ライフ・サイエンス、とくに医学研究やバイオマーカーの同定などのプロジェクトが拡大されました。そして、慢性閉塞性肺疾患の診断と治療ではヨーロッパで著名な機関の1つであるオランダの新しいCIRO+ データ・センターに、Viscoveryがデータマイニング・ソフトウェアとコンサルティングを提供しました。
Viscovery社について
Viscovery Software GmbHは、ヨーロッパの代表的なデータマイニング会社の1つで、予測分析の主要ベンダーです。Viscoveryのソフトウェアは、銀行、保険、テレコム、製造業、メディア、小売り、および研究機関や大学などの多数の顧客によりワールドワイドで利用されております。
Viscovery® Suite は、複雑なデータの探索的分析と統計的モデリングのためのユニークな特許取得済みのテクノロジーを提供します。Viscoveryのプロフェッショナル・チームは、顧客分析、顧客セグメンテーションおとびスコアリング、テキストマイニング、遺伝子発現データ分析、製造工程の最適化などの分野でのプロジェクトをリードする包括的な専門知識と長年の経験を提供します。いくつかの応用に関するオンライン・デモが、こちらにあります。